スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Topicと消防署見学

冬タームにTopic学習「Fire&Ice」にて、極地方の動物や自然、ロンドン大火のお勉強をした娘さんたち。

「ロンドン大火」に絡めて、学校から消防署見学に行きました。

こちらの小学校では、学習の一環で子どもたちが校外に出る場合(一日遠足・プール・半日遠足)は、特に低学年のうちは大抵、有志の父兄が付き添います。
30名の子どもたちを5~6名のグループに分けるとして、担任以外に補助の先生が居たとしても、各グループに付き添うには大人の頭数が足りないので、2,3名の有志父兄に応援を頼むのは合理的?

普段はお仕事をされているお母さんも、仕事に都合のつく方は、付き添いを希望する人が多いようで、娘のクラスでは毎回校外学習の付き添いは大人気! 故に毎回「抽選」です(笑)

(毎回同じ父兄にならないように先生方も配慮するようです、お疲れ様です;)

中には、お父さんがお仕事を休んで付き添いをするご家庭もあります(一部とはいえ、お父さんも学校への参加に熱心な傾向があると思います。)

みんな「行きたくて、行きたくて、仕方がない」って感じ(笑)

消防署は大人の足で徒歩10分程度ですが、6-7歳の子どもたちが連なって歩くと、15-20分はかかります、こんな平和な幸せを謳歌している子どもたちですから、てくてく寡黙に歩くなんて子どもは、皆無(居たら「心配」しちゃいますよね;)、

行きは興奮しすぎてうるさいくらい(苦笑)、
列を外れる子、パートナー(子ども二人一組にされて、手をつないで歩く決まり、一応;)からついつい離れる子、歩くのがゆっくりで遅れる子、

帰りは、疲労と空腹で静かになるとはいえ、疲労で歩けないーと遅れる子、不平を鳴らすのに忙しい子、足が痛いやら、パートナーを変えて欲しいやら、勝手に違うグループに混じってしまう子まで居たりして;
私のリーダー力が足りないのか・・・!?


そうそう、消防署見学でした!

消防署見学では、クラスごとにまとまって、消防署内をくまなく見学させてもらい、説明を受け、実際に放水を体験させてもらったり、消防車に乗せてもらったり、出動の際のポール下りを見せてもらったりしていました。


これらのTOPIC学習は、一見、日本の小学校低学年の、理科と社会科を統合した「生活科」に似ていますね。
イギリスの小学校低学年が面白いなと思うのは、理科・社会分野に留まらず、TOPICで学習・体験したことを動機付けとした、図画工作や作文までを含めていることでしょうか?

特に昨年の秋から導入された「Creative Curriculum」制度の元で展開されているTOPIC学習なので、子どもたちが触れて体験して感動したことを、絵やモデルにしたり、膨らませて文章にしたりということに、力を入れています。

思えば、小学校の国語の時間の作文って、書きたいことがなくても書かなくてはいけないってことなかったですか?私はそうでしたので、体験を通して、子どもたちの気持ちを高め、子どもの驚きや発見を原動力に使って行くやり方は、とても有効だと思います。


というわけで、子どもたちは、消防署見学の後、持ち寄った空き箱で、それぞれが思い思いの消防車を作ったのでした。車輪の部分もちゃんと回るようになっていますのよ、ほほほ~(脆いけど;)。
2011-06-21_0087.jpg

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

今年もイモムシ、もとい、チョウチョを育てておりました

2年前にお誕生日で頂いた「飼育キット」で、イモムシ育て、もとい、チョウチョの飼育に挑戦したのですが、
「虫愛づる姫君・現代版」
「羽化しました」


昨年から「リピートしたい」とせがまれ続けて、ようやく今年重い腰を上げて 「リフィル」 を買ってみました。

お誕生日に頂いたのは、こういう箱↓でやってきて、


中には、羽化したチョウチョを入れておく、折りたたみ式のネットで出来たカゴと、注文番号の書かれたバウチャーと、飼育説明書、えさやりのためのスポイト(花に砂糖水を垂らすため?)だけでした。

この箱を買っただけでは、スタートできないのです(苦笑)

説明書に書いてあるURL(Insect Lore Europe)のサイトに行って、バウチャーの注文番号を入れて、イモムシをオーダーしなくてはいけません。

しかも、イモムシは、フツーに「郵便」でやってくるし(爆!)

小さいダンボール箱の包みが届き、開けると中にこんなプラスチックカップが入っています↓


カップの中には、細いくて小さな小さな黒いイモムシが5匹。
カップの底には固形飼料が敷き詰められており、イモムシたちはそれを食べて大きくなります。
イモムシが大きくなるのを毎日眺めるだけ、この時点でのお世話は全く要りません(世話が要ると困るしっ;)

十分に大きくなったら、勝手にカップの蓋の内側に貼られた紙(彼らにとっては天井に当たる部分)にくっついてぶら下がって、繭を作り始めます。

2年前は5匹中2匹はさなぎになる前に力尽きてしまいましたが、今年のは5匹ともえらく元気で、5匹とも順調にさなぎになりました。

そして一週間経って、順調に一匹ずつ羽化して、ちょうちょになりました!

これは昨年の画像ですが、こんな感じのが今5匹居ます。
2009-06-17-09-52-52_0078.jpg

今年は世話するこちらの手際もよくなって、プラスチックのカップの蓋を裏返して、そこに砂糖水を注ぎ、ミニミニ花瓶にパンジーやラベンダーの花をさしてやって居ますが、なんとか蜜を吸うこともできているようです<ストローを目撃

あとは、このチョウチョたちが力尽きないうちに(日光が当たって明るくなると、外に出たがって、暴れます;)、娘を説得して、チョウチョを逃がしてあげるだけ・・・・

約束では「明日逃がす」と言ってますが、、、、できるかなぁ。。。

この種類のチョウチョは羽化してからの寿命は約2週間だそうです、早く自由に飛び回りたいよねぇ。
(たとえこの先にどんな危険が待ち受けていようとも、クモとかネコとか嵐とか;)


我が家はこのほかに、オタマジャクシの飼育にも挑戦してみましたが、7匹のおたまじゃくしは、あえなく衰弱死してしまいました;昨年挑戦したお母さんもそんなこと言っていたので、難しいのでしょうねぇ;

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Fire&Ice

秋タームのTOPICは「Besides Sea」で、風船に薄紙を貼り付けて魚を作った娘たちでしたが、
冬タームのTOPICはFire & Ice だそうで、1月の最初に、ロンドン動物園に遠足に行きました。

私も引率に付いていき(くじに当たった!希望者が多くて引率権Getはいつも狭き門なのです)トロピカルな動物と極地に住む動物を見てくださいと地図を渡されたのですが・・・・

南極地方代表のペンギンが居ない!!!(ペンギンプール建て替えの為、別の動物園に避難中。5月に戻ってくるそうです。) 
がっかり;;;

ロンドン動物園には白熊も居ませんし、象も居ませんし、入場料は高いのに意外と定番の動物が居ないのが残念ですね;

冬場の動物園はガラ隙きだったので、それでも、キリンやトラ、ライオンを見たり、爬虫類を見たり、ゴリラの子どもや、集団で折り重なるようにして室内で寝ているカワウソを見たりして、子どもたちは満足した様子でした。

子どもたちはこの経験により、TOPICに自主的に興味を持って、1タームを使って、Topicに関連するお勉強をするのです。
お勉強といっても、「極地方にはこんな動物が居ますよ」とかそんなことを、コンピューターの画像を見ながら教わったり、ペンギンに関する作文をしたり、ペンギンの工作をしたり。

タームを通して、クラスの壁にはTOPICに関する掲示が行われます。

「Fire」はトロピカル代表で、鮮やかな南国の鳥を作ったらしい。
2011-02-16-19-29-3343.jpg

「Ice」は極地方動物代表で、やっぱりペンギン!
2011-02-16-19-29-2342.jpg
上のペンギンは先生の企画ですが、下のペンギンは日本人ママによる折り紙ペンギンです。

頭の部分のかぶせ折りが子どもには不可能なテクニックではあるのですが、このペンギン、自立が可能でとてもかわいいので、一人ひとり手伝いながら、作らせました。
1グループ4名で、トータル90人。
風船の魚よりは、時間がかからないので、楽勝!

ハーフタームの直前には「ペンギン・デー」が設けられ、子どもたちは、白黒のペンギンカラーで学校に行き、授業時間を使ってペンギンのマスクを作り、ペンギンの歌を歌ったり、詩を作ったりしたようです。
2011-03-09-17-52-13168.jpg


ハーフターム明けてからは、重点が「Fire」に置かれ、主には「ロンドン大火」のお勉強をしたのだとか。
その一環で、消防署まで歩いて、消防署見学に行きました。


イギリスの小学校も、なかなか楽しい!

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。