スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬ですね

日本はクリスマスも終わり、すっかり年の瀬、新年の準備に余念がありませんね。

25日にクリスマスを家族でお祝いするという一年の中でも2大行事の一つが終わったイギリスでは、クリスマス明けから始まるSALE目当てに人が繰り出しています。

これだけ見ると、年末の買出しに似た光景ですが、仕事は元日を除いて平常運転、小中学校も3日、4日には始まってしまう為、クリスマス直後の大晦日周辺は、のんびりとホリデーの余韻を楽しむ人々が多いようです。

イギリスでは、クリスマスは12月24日の日没から12日間、すなわち1月5日の日没までと考えられていますので、エピファニー(降誕節)の1月5日ごろまでは、クリスマスの飾りをそのままにして、新年もクリスマスツリーやディスプレイと共に迎えることになります。
新年はクリスマスのおまけって感じなんですかねぇ。

トラファルガースクエアのクリスマスツリー
2011-12-21-0018.jpg


NYと比べるとライトの地味さは否めませんが、毎年ノルウェイの森から運ばれてくる、高さ20メートルにもなる、巨大クリスマスツリーです。
夜のトラファルガースクエアに足を伸ばすと、きれいにライトアップされた噴水とツリーのクリスマスならではの景色が楽しめます。

でもなかなか、こんな市内まで、足を伸ばすこともないんですけどねー。


今年は東北太平洋地震という未曾有の大惨事、それに続いて原子力発電所の事故と、日本という国にとっては、百年に一度かそれ以上の危機を迎えて、いろいろなことが、変わらざると得なくなっていくという面でも、特別な一年でした。

このブログでは、記事は気が向いた時にだけ好きなことを更新するような形で、なるべく原発事故の話題は避けてきました。



そういう話題は、不特定多数の人の目に止まる可能性のあるブログよりも、より個人的な方向性のSNSや、発言がどんどん流れ去っていくのが売りだ思えるTwitterに、どんどん流してしまっていたのですが、
長年の古い友人や、忌憚の無い御自分の意見を語っていらっしゃる(=こちらも言えると勝手に思い込んでいた)方など、意外なところで、反発や不興を買い、絶縁を経験して、いろいろ考え込んだ年になりました。

もちろん自分のしたことへの反省はありますが、事故に対する対応、温度差や考え方、捉え方の違いで、今後の人との関わり方が変わってしまうのは、今回の原発事故の影響が大きいということなんだと、勝手に解釈しています。

TwitterやSNSも面白がって使っていただけに過ぎませんが、便利なツールについては、よほど考えて使わないとだめなんだなと、痛い教訓となりました。

たまたま地震と事故が起きた時に日本に住んでいなかったとはいえ、わたしたち家族はいつまでたっても日本人です、家族の全てが日本に居ます、夫の家族全てが関東在住です。
私たちもいつかは日本に帰ります。
毎日、新聞のインターネット記事、Twitterに流れている、温度差が入り混じった原発放射能関連の情報を読んでいると、胸が痛みます。

定例文句の「良いお年をお迎えください」も、今年は心の底から叫びます。


日本の全ての人に「良い年」が来ますように!

2011年Languedoc et Roussillon その3

二日目は、アルルから車で1時間弱、カマルグ湿原を越えて、サント=マリー=ド=ラ=メール(Saintes-Maries-de-la-Mer)を目指しました。

この街は、
『ナザレのイエスが磔刑に処せられた後、マグダラのマリア、マリア・サロメ、マリア・ヤコベ、従者のサラ、マルタ、ラザロたちが、エルサレムから小舟で逃れてこの地へと流れ着いた。』という伝説を持っています。

世界的ヒットになった「ダビンチ・コード」では、
「イエスとマグダラのマリアの子孫は、フランスのメロヴィング朝の王たちに連なっている」という伝説が元になっていましたけれど、これも「聖母マリアとマグダラのマリア」は、新しい布教の地を探して(迫害を逃れて?)、エルサレムを出て舟に乗り、フランス(サント・マリー・ド・ラ・メール)に流れ着いたという伝説を下敷きにしているんでしょうかね?

そういう神秘的な伝説を持つ街なので、3年前から「行って見たい」と思い続けていたのですが、、、


サント・マリー・ド・ラ・メールの街に向かう一本道、大渋滞!!



そりゃぁ、そうだ・・・

まだ真夏、しかも晴天とくれば、私達のように観光やら海水浴に来る人たち、多いはずです;

ちょろちょろとは進むので、我慢して街の入り口まで来たものの、そこから先のハイストリートへの進入と駐車場探しは、更に大変な混雑;

街の見学は真っ先に諦めた!!!
(苦笑)

仕方なく、街の入り口のはらっぱに、他の人たちを見習って車を停め(しかも無料だったよ!)、そこから一番近い海にまっすぐ向かいました。

この日は晴天、着いたのはお昼ごろでしたが、意外と涼しく(風が強い)、海の水も冷たかったので、先ずは砂遊びに熱中。

2011-08-15-0001.jpg イルカになった少女 

2011-08-15-0002.jpg 大作「ロンドン塔Tower of London」

2011-08-15-0003.jpg

そのうちに日差しも強くなって来たので、海に入って少し遊びました。

昨年行った南イタリアのビーチと違って、あっちこっちが美しく整備されたサンドビーチ(防波堤つき)なのはいいのですが、ビーチの傍に「海の家」的カフェがあるわけでもなく、着替え場所やトイレを有料で貸してくれる休憩所も見当たらず、ましてやビーチを占領して、日除けのビーチパラソルやベッドを有料で貸すような商業的ビーチが、見つからない!
探せばあるのかもしれませんが、暑い中、全く知らない町で、町や砂浜をウロウロするのは、子連れには不可能です;

唯一あるのが「共同の屋外無料シャワー」でした。
サンドビーチが続く海岸線への入り口があちこちにあり、その入り口にはシャワー完備!

『海辺の街に滞在して、毎日マイパラソル持参で、すぐ傍の海へ通う、
昼食を取りに/疲れたら昼寝の為に、宿舎に戻り、また海へ』
こういうスタイルのリゾートが定着しているのかもしれませんねぇ。


昨年のように『子どもは夫に任せて、母はパラソルの下でゆっくり読書、時にビール♪』というスタイルのリゾートを思い描いていたろくろくには、残念なビーチ体験でした;

昨年イタリアで見た、たくさんの女性達が「着替えしない、水着(ビキニ)の上に服を着て、そのまま帰る」というのが合理的に思えたので、今年はセパレーツ(ビキニではない、勿論!)の水着を購入、海に行く日には、朝からセパレーツの水着を着用、その上に服を着ていたので、なんとかなりましたけれど。


一日水着を着て歩き回る・・・これもリゾートといえばリゾートですけど、うーん、慣れないなぁ。

日差しが翳ってきた4時ごろにビーチから退散して、サント・マリー・ド・ラ・メールの街の入り口にある、ポン・ド・ゴー鳥類公園Parc ornithologique pont de gauに向かいました。

サント・マリー・ド・ラ・メールの街は、美しいカマルグ湿地帯と海にぐるりと囲まれているのです。2011-08-15-0010.jpg
国から、保護指定されているので
なーーんにもないです
2011-08-15-0004.jpg
羽がピンクの鳥?

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

イースターエッグデコレーション

昨年のコンペティションで下級生部門Winnerになった娘さん、もとい我が家の作品(苦笑)

今年もは更に対策に挑戦しました。
テーマは「ロイヤル・ウェディング」

2011-04-09-10-14-0102.jpg

昨年の上級生には大きなセットを建てている子どもが目だったので、うちのも3倍にしてみた(笑)

ダイアナ妃とチャールズ皇太子の結婚写真や動画を見て、子どもにも見せてイメージを盛り上げ、教会の建物は挙式が予定さえれているウェストミンスターアビーのファサード写真を参考にしました。

2011-04-09-10-14-3203.jpg
エリザベス女王は娘作
プリンスフィリップ(女王の夫)は母作

Queen's Birthdayでの閲兵式の服装か何かを参考にしたので、フィリップ殿下は衛兵の親玉みたいな衣装になっております(笑)

花嫁さんの衣装は、ケーキのレースペーパーで、90%が娘さん作、丸い卵にフィットさせるのが難しいので手伝いました。
ウィリアムの衣装は燕尾服に見せるように作ってみたけど、難しいー、こちらは母作。
2011-04-09-10-15-3505.jpg

かなり手伝いましたが、私の目的は「プロジェクトをいかに完成させるか?」を教えることにあり、
今回は花嫁さんのドレスのデザイン画や、ウェストミンスターのファサードの絵を先に簡単に書かせてみてから、取り掛かりました。
箱をくっつけて、切ったり、貼ったり、色を塗ったり。

「この経験を生かして、来年以降は自分でしてね」 と言ってみたけど、「でーーきなーーい」と即答でした。

夏休みの自由研究を手伝う親の気分(苦笑)


娘さん(と私の)作品は、今年は下級生の中で、Runner Up=2位でした。
良かった、よかった。

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。