スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校で折り紙を教える

昨年のハナシですが、娘のクラスで何度か折り紙を教える機会がありました。

教えたものは簡単ステップの
・紙飛行機
・サンタ
・ひまわり
・ロケット
など。

娘のクラスの先生から「学校の掲示物を作るので、子供ひとりひとりに折り紙でお花を作らせてほしい」という依頼を受けて取り組んだのが、↓こんな立派な作品になりました。
2010-10-20-17-27-37113.jpg

「ひまわり/あさがお/ばら」の三種類から、子どもに作りたいものの希望を聞いて、個別指導しました。
ひまわりは超簡単だけど、薔薇はステップ数も多くて細かい作業になるので、けっこう大変でした。

お花の上の建物は、娘の通う小学校のファサードです、これも建築が専門のあるお母さんがボランティアで作ってくれたもの。
昨年の娘の担任の先生は元来アートが専門で、学校全体でも「美術主任」みたいな位置に居る人なので、私も学校で折り紙を使った工作をいろいろやらせてもらってとても楽しかったです。

スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

大変ご無沙汰しています

凄いですね~ 折り紙の百花繚乱・・・
折り紙は世界に誇れる日本のアートだと思います

以前の仕事で 折り紙をやったことがあるのですが
英語で折り方を説明するのが大変で・・・準備に時間がかかりました (^_^;)

ろくろくさん 凄いわ!!

ミセスダウトさん、こんにちわ
もうすぐクリスマス、師走、お正月準備と続きますね~
忘年会もあり年賀状の準備もあり大忙しの毎日を送られているのではないでしょうか?

このおりがみは昨年のものですが、作ったのは当時6~5歳の子どもたち、折紙は「お花/紙飛行機」「サンタさん」ぐらいしか経験が無い子たちでしたが、個別指導と一部は影武者折り(結局難しいところは折ってあげます;)で、なんとか仕上がりました(苦笑)

そうなんですよね~
単純な作業の説明って意外と難しいんですよね
私は結局「fold」と「Turn Over」とLike This」で乗り切りました(恥;)が、英語の先生だったら「Like This」じゃダメですよねぇ、大変そう;
でも私も教えてもらいたいです<折紙英語

折紙は裏表で色が違うので、「色面を上にしてRed Face up!」とか反対に「白い面を上にしてWhite Face Up!」を毎回使っていましたら、子どもたちも覚えてくれて「どっちを上にするの?」と聞いてくる子も居ます。
あとはまず下準備として真ん中に折り目をつけることが多いので「Centre Line」「Cross Line」という言葉も徹底させてます。
折っている途上の三角や四角をいろんな形に見立ててそれを面白がっている様子はほほえましいですね。

また、おりがみクラブのサイトには英語バージョンもあるので、英語の子と折紙をするときは英語バージョンを印刷して持っていくようにしています。

実は今週は三日間午前中学校に詰めて、60人の子どもにサンタさんを折らせていました。サンタの折紙は大人気で、学校の先生やアシスタント、見ていた父兄の人が「折り方」説明書を欲しがって「コピーさせてー」と言われましたね、日本はすごい!って。

わたしもサンタさん、折ってみたい!
これから検索です!

☆プリシラさんへ

プリシラさん、Happy Christmas!
noradのサンタ追跡をずっと見てました、ブリスベン上空に来たときに「あっ、プリシラさんのところだ~」って。

お返事できなくてすみませんでした。
サンタ折り紙検索できました?
いろいろありすぎて、どれが簡単か?どれが子供に教えやすいか?選択のほうが大変だった気がします。
アクセス解析
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。