スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home made french bread from home made yeast

しばらく試行錯誤していましたが、何度目かで、「ド素人の自分にしてはいいんじゃない?」と思えるパンが出来上がりましたので、ちょっと自慢。

(ほんとにバゲットを作るのが上手い人にはなんやこれ?ですが まぁ、自己満足ということでご容赦ください)

中身をぐぐぐっと押し出して膨らんでくる力強さが、ちょっと嬉しい。
2010-09-16-14-53-5901.jpg
だらーんと広がるのがコワいので、クープ(切れ目)を控えめに短く入れました。
もうちょっと入れたほうがよかったのかなぁ?

断面も、まぁまぁ。(写真を撮っていないはしっこの方が気泡が多かったです、均一じゃないかもしれませんね;)
2010-09-17-07-28-4703.jpg

まぁまぁでも、食べたら、とっても美味しかったんです(笑)


これは今朝のカンパーニュ。
2010-09-18-08-46-4604.jpg

前日の午前中に捏ねて、室温/冷蔵庫で、様子を見ながら発酵させました。
何度かカードでボウルの周囲をすくってパンチ入れをしています。
(何度かパンチを入れた方が扱いやすい生地になる気がするので)

室温/冷蔵庫で様子を見ながら発酵時間を調節、子どもを寝かせて自分もお風呂に入ってから、ベンチタイム→二次発酵→焼き上げをします。
その間に夫と夕飯も。

バゲットの場合は、冷蔵庫で一晩寝かせて、早朝にベンチタイム→二次発酵→焼き上げをすることもあります。そうしたら夫には焼き立ての美味しいパンのサンドイッチを持って行ってもらえるので。

2010-09-18-08-47-1705.jpg
これは薄切りにする予定のカンパーニュだったので、前日の夜焼き上げて、一晩冷ましてから、切りました。


私の大事な酵母ちゃんたち。
IMG_9344.jpg
左から、
レーズン酵母液、
同量(重さ)の水とヨーグルトとレーズン酵母液を混ぜたヨーグルト酵母、
ヨーグルト酵母と強力粉を混ぜたパン種 

この三つの瓶を常に冷蔵庫に入れているので、冷蔵庫が狭くなるのが、ヨーグルト酵母パンを作る際のちょっと困った点なのですが、幸い我が家は冷蔵庫が普段からスカスカなので使い切れずに捨てるのがキライなので基本的に生鮮品は買い溜めしません)、なんとかなっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス解析
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。