スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

London Borough Market ~London散策 開始 ~

そろそろ本帰国するかもしれないので、もっとロンドンを見て歩かなくちゃ!

そういう思いは募るものの、娘が学校に行っている間にたんと時間はあるものの、結局学校の父兄ボランティアだの、家事だの、パン作りだの、インターネットだの(これが一番長いのですが 苦笑)やってる間にお迎えの時間になってしまう日々の暮らし。

娘の学校がようやくお休みになったので(イギリスの公立小学校の夏休みは凡そ7月の4週目から始まります)、先ずは、長い間行ってなかったBorough Market周辺を目指してみました。

最寄り駅はLondon Bridge、我が家の最寄り駅はTrainでWaterlooに出る線なので、Waterlooで地下鉄ジュビリーラインに乗り換えて2駅。
以前はバスでしか行けなかったというバーモンジーと共に、いやぁ便利になりましたねーってところでしょうか(London Bridgeはノーザンラインの一部が通ってますがWaterlooからは一度シティに方に行ってまた南に戻る感じになってしまうので、面倒くさいんですね;)

地下鉄で来たのも初めて;
よく分らなくて、南側のLondon Dunsionと反対側の再開発真っ最中のところに出てしまいました;

ちょっと歩くと、こんな感じで、まだまだオールド・ロンドンなんですけどねー。
2010-07-23-11-59-0403.jpg

この塔は・・・!?
2010-07-23-12-00-2306.jpg

「The Old Operating Theatre」という看板が出ています
しかし、シアターなのに、どくろマーク!???

塔の下の吹き抜けになった入り口部分にもこんなオブジェがぶら下がっていましたよ;
2010-07-23-11-59-5604.jpg
私たちが出た駅の南側にはSt.Thomas's Hospitalという大きな病院があったのですが、このシアターはその病院の付属施設だったところだとか。
『シアター=手術室』 です

てくてく歩いていくと、ようやくたどり着いたバラマーケット、

家を出て1時間あまり、子どもが疲れていたので、先ずはスムージーを買い与えて口を塞ぐ!(笑)
2010-07-23-12-08-3809.jpg
こんなお店昔は無かったなぁ。
チェリーやらベリーやらが入った美味しそうなスムージーを飲んではりました<子ども。

市場の中を見て回ろうと思ったんですが、時間が早かったらしく、あまり屋台系が見当たりません;
うちの子ども、バーガーの類は好きじゃないし、、、
ぱっと目について、沢山人が並んでる、「Fish&Chips」を購入。
子どもはChipsだけですが、フルーツ沢山のスムージーを飲んでるから、まぁいいか。
2010-07-23-12-25-0811.jpg

写真の見た目はイマイチですが、このFish(Haddock)がとても美味しかったです、近所のPub・Weatherspoonのランチ用のFish&Chipsとは比べ物にならないぐらい(苦笑)。

マーケットの観光客以外に、近所のオフィスのお兄さんたち・おじさんたちも連れ立って買いに来ていました。

このFish&Chipsの屋台はFish!という高級Fish&Chipsレストランに隣接したTakeaway部門なんです。
2010-07-23-12-31-2013.jpg
魚には自信あり!???

実はこのFish&Chipsのお店はは、Kingstonの近くの日系スーパーあたりやさんの並びにも店を構えているんですけどね~。しかも同じグループの魚屋さんJarvisも隣接してます。(ってのを後から思い出したわ 苦笑)、なんや、バラマーケットまで行かんでも買えるやん;;


腹ごしらえの後も、マーケット内をウロウロして少しお買い物しました。
バラマーケットの売りは『Organic』だったり『FreeRange(放し飼い)』だったり『Natural』だったりするんですが、難点は、
とにかくなんでも高い!!! の一言につきます(汗;)

家から遠いし保冷バッグも持っていなかったので、生肉・生魚は買えないし;

結局、この後の周辺見学が終わってから、無添加のチョリソーとパン屋さんでフォカッチャとスコーン(スコーンは割りにお手ごろ価格で翌日でもふんわりしててすごい美味しかった!)、ドイツソーセージをお買い上げ。

スコーン・フォカッチャは『Paul Rhodes』というグリニッジにあるパン屋さんのストールのものでした。

この後は、近所に停泊している帆船&大聖堂見学です。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

え~~、やっぱり本帰国なんですか・・・・・寂しいです。。色々、役立つ情報を教えて頂いたし、、。

短期駐在者は、もう、すっごくここ一番、ッて言う感じで、観光もショッピングも気合いが入ってるみたいですけれど、ずっと住むし、と思ったら、ゆっくりしてしまいますよね。。バラ・マーケット、確かにお高い、目の保養って言うとこでしょうか!Jarvisもお高いでしょ???昔、HamでBAeがブイブイ言わせてた頃は、同社の上位等級者用のキャンティーン(レストラン?)に魚を入れていて、それに、店の前に、いつも長蛇の人だったそうですよ。今は、全然、そんな事無いですよね、、、。

リス美さんへ

りす美さん、こんにちわ!

> え~~、やっぱり本帰国なんですか
一応そのつもりです
日本で職探しなので、まだまだ時期は分らないんですけどね(探し始めてもないしっ;)
でも「終の棲家」にはならないと思います、お互い親が居るので;

>・・・・・寂しいです。。色々、役立つ情報を教えて頂いたし、、。
わたしのほうが教わってばかりですよ
どこに住んでもブログは続けます
Facebookも!(多分)<今は殆ど独り言ですが;

ほんとにバラマーケットは高いですね
モッツアレラチーズも300g£6なんて値段、いくら美味しくても無理ですー;;;

> Jarvisもお高いでしょ???
そういえばJarvisとあたりやとどちらがお高いんでしょうね?

最近はFishmaerketへの情熱も薄れてしまったのでJARVISで魚を買ってみようかとも思うんですが、結局行かないままです

ほんと、ゆっくりしてしまいますよねー
ゆっくりしてる間に10年ですから・・・(ため息);

ご帰国なんですね。
もう10年イギリスにいらっしゃるのですよね。
私も在英が長いので日本に帰るとなると不安の方が大きいですけど、それでもいつか帰るぞーっって心に誓ってます。
Borough Market、面白いと聞くし有名なので一度は行ってみたいんですが、私は普段から行動範囲が狭い上に、マーケットの前に行くとあがるので(笑)なかなか決心がつかないんです。
高いのですか???
んー、ますます決心つかなくて困る(笑)。
残り少ないロンドン生活、思いっきり楽しんでくださいね。
帆船&大聖堂見学のお話も楽しみにしています!

himexさん

himexさん、こんにちわ

> ご帰国なんですね。
> もう10年イギリスにいらっしゃるのですよね。
まだ「帰ろうか」「帰ろうよ」の段階ですが;
夫は早いもので14年目を迎えます
帰ろうと思えばいつでも帰れるけれど、かといって、駐在の人みたいに帰国した後の生活が定まっているわけでもないので(うちは今は駐在じゃないので)、転職することになるので、なかなか難しいんですけどねぇ(不安;)


> 私も在英が長いので日本に帰るとなると不安の方が大きいですけど
>、それでもいつか帰るぞーっって心に誓ってます。
そういうところ同じですね

> Borough Market、面白いと聞くし有名なので一度は行ってみたいんですが、
マーケットといっても今はもう生活に根ざした感じはないですが、観光名所としては面白いんじゃないかと思います。

>マーケットの前に行くとあがるので(笑)
あがるって???
ストールのおじさんに話しかけるのが恥ずかしいとかですかっ!?

> 高いのですか???
えぇ、えぇ、いろんなものが高いです、これだけは本当ですっ!
ストールで買い食いするのが楽しいーくらいの気持ちだといいかもしれません(笑)
実際買い食いに来ている観光客が多いと思いますよ

残りといっても来年も居るかもしれないしーと微妙な気持ちなんですが、でもいきなり「仕事決まったしっ!」「来月帰るよ!」とか言われても困らないようにしとかないと(苦笑)って、ラストスパートの気分です。
滞在期間が決まっていないとなかなか行動できないんですよねっ(苦笑)

ご無沙汰していました。
もうロンドン生活はベテランのろくろくさんに帰国なんて文字は似合わない~(笑)
寂しくなってしまいます。帰らないで~
なんて、うちも何人か回りに長期のかたで老後を考えて帰国を決めたお話を聞いて、ヒューストンじゃなくて日本...という選択肢も検討したのですよ。
子どもが大きくなるにつれて帰ってからが大変になりますしね。

コロラドは黄桃の産地、毎年おいしくいただきました。
同じように白桃ってみかけなかったのですが、ここ数年ポピュラーになってきましたね。
日本ほど甘~くはありませんが...
カシス、こちらでは手に入らないのですよ!
お菓子の幅が広がりますよね。いいな~
夏休み、やっとこちらは終りに近づいて来ましたが、そちらは入ったばかりなのですね。違うものですね~
お出かけ楽しそう!これからも楽しみにしています。

Wingさんへ

Wingさん、こんにちわ、こちらこそご無沙汰しています(でもアプリではいつもお世話になってます笑)

> もうロンドン生活はベテラン
いえいえ、家の娘の小学校の徒歩10分の周囲しかウロウロしないので、ロンドン情報には全く疎いのです;
まぁ毎週のようにロンドンに遊びに出たりランチに出たら破産しますけどねー(苦笑;)

> 寂しくなってしまいます。帰らないで~
Wingさんがロンドンに来てくださったら残るかもー(笑)

> うちも何人か回りに長期のかたで老後を考えて帰国を決めたお話
反対に「日本は40を過ぎると就職が無いから」と残留を決めたお話も聞きます。
うちは40までには・・・なんてのんびり考えてるうちに過ぎてしまいましたが、やっぱり帰ろうかなーと。
子どもはまだ小学生になっていないので、その点では方向転換もしやすいですし。

>ヒューストンじゃなくて日本...という選択肢も検討したのですよ。
そういう可能性もあったんですね。
いろいろ悩まれて話し合われたんでしょう。

> 子どもが大きくなるにつれて帰ってからが大変になりますしね。
今日本語を話していれば、なんとかなりそうですものね。
実際こちらに小学校高学年で来て、なんとかやっている日本人の子もいるわけですし(かなり大変そうですがその代わり苦労した分英語は一生モノ。うちの娘は完全に英語忘れるに1000点です;)
でもアメリカの方が選択肢は多そうですね<そんなこともないですか?

> 同じように白桃ってみかけなかったのですが、ここ数年ポピュラーになってきましたね。
M&Sの白桃はアメリカから来ているものが多いので(時々おフランス産)、てっきりアメリカではポピュラーなんだと思ってました;
やっぱり日本のが一番美味しいんですね
でも手間がかかっている分高いっ;;;
個人的には日本の果物は、甘すぎて高級すぎると思っています。
商品単価が高くないと零細農家がやっていけないので仕方ない面もありますが。

> カシス、こちらでは手に入らないのですよ!
えっ?そうなんですか?
こちらではブルーベリーは全く見かけません、それと同じで気候に合わないんですねぇ

> お菓子の幅が広がりますよね。いいな~
いいえ、全く、使ってません(すみません;)
私はあの青臭い匂いがどうも苦手、灰汁もありますしねー

レッドカラントはとても綺麗ですが酸っぱいし;
よくベリーやフルーツのタルトに乗っかってますが、彩り・見かけのためだけだなーって思ってます。
ジェリーを作れば美味しいのかもしれませんが、何に使えばいいのか分らず、どうしても手がでません、Wingさんがイギリス在住だったらいろいろ教えてもらえたのにっ。

夏休みには入りましたが、既に夏は終わってしまったかのように冷涼で、雨が降りそうなでも降らない、でも時々シャワーが来るという不安定な気候になってしまいました;
どんよりの夏休みですねぇ;;;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメちゃん

鍵コメントをありがとう~。

無事に着いています、ありがとう~
ご連絡が遅くてごめんね、こちらからのハガキ、着いたかな?
夏の旅行のすこし前に届いたのですが、お礼状は旅行後になってしまいました、遅くてごめんなさい。

Sさん情報・・・なんというか、飛行機とか腰とか・・・いろいろと大変だったのね;
うちは、夫がその気で、帰国希望です。
でもまだまだどうなるか分らないんだけどねー。
私は「帰ったら○○」「日本に住んだら△△して」と、楽しいことだけ考えて、心の耐性を作っております(苦笑)
今の時点ではこちらが断然いいですが(いろいろ不便はあれど)、うーん、うちの経済状況で両親もぼんやりのまんま、子どもがこのまま地元の公立セカンダリーなんかに進んだらどうなるのかと思うと、やっぱり心配だし;
日本の公立小中学校なら安心かというと、それはそれでいろいろと問題はあると思うのですが、自分たちが通過してきただけあって、予想の範囲内というか、そういうのはあるよね。
でも日本の学校、私が馴染めないかもっ(酷暑・残暑といってるのに、なぜまっ昼間の日陰もないグラウンドで、運動会の練習をやるかなぁ!?とか)。

わたしも崖っぷち~な気分になってるんだけど、反面、60歳近くても、元気はつらつなHarumiさんの雑誌を読んで、元気を出すわ(笑)
アクセス解析
最新記事
カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。