スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライヤーが ボンッっと・・・・爆発!

我が家のヘアドライヤーは、夫が97年に渡英した直後に買い求めたものだったのですが、

でっかくて重くて、

その上、
熱風モードにすると熱すぎ(10秒も同じ場場所で使うと火傷しそう;)、
冷風モードにすると、なーかなか、乾かない

強風にすると髪の毛を吹き飛ばし(乱れます;)
弱風にすると、やっぱり弱すぎて、ぜーんぜん・・・

しかも、しばらく強風で使った後に、スイッチを切って、またすぐ使おうとスイッチを入れようとすると、安全装置が作動して、しばらくスイッチが入らない

と、使い難いシロモノでした。


それでも「ないよりマシ」と、だましだまし、使い続けて13年(ビックリ;)

ある日、夫が子どもの髪の毛を乾かしていたら、ボンッと音がした!

なんと、ドライヤーが突然発火したんですーーーーー

子どもの髪の毛は無事だったけど、夫の手も軽い火傷で済んだけど、夫の着ていたユニクロフリースの袖が焼け焦げた・・・びっくりーーーー

使っていたのが子どもでなくて良かったーーー(ぞぞぞー)


ということで、とうとう、10年選手以上のヘアドライヤーがお陀仏になったので、ようやく買い換えました(苦笑)



BaByliss 5546DU 1200W Nano Hair Dryer - Purple


今度のは、小さくて軽い!
1200W
トラベルタイプで、電圧もイギリス(240v)/大陸(120v)に対応してます

アマゾンだと送料含めて、たったの10ポンドぽっきり!

爆発したドライヤーは、切り替えスイッチが二つあって、

冷風 ⇔ 熱風
弱 ⇔ 切 ⇔ 強風

を組み合わせて使うようになっていましたが、

今度のはコンパクトタイプなので、切り替えスイッチはひとつ、

弱風 ⇔ 切 ⇔ 強風

しかありません。そして、強風のパワーも以前のものよりは落ちるのですが、
パワーが強すぎて、熱くなりすぎ、子どもに使うには、冷風と熱風を交互に使って乾かすしかなかったのに、


新しいドライヤーは、強風の熱風だけでOK! というところが、我が家には嬉しい!

美容院みたいな「ガーッ、ガガガーッー」というパワーを求めていない私たちにぴったり!


もっと早く買い換えればよかったなぁ。

というか、壊れるのに、爆発しなくてもさ・・・・・と、イギリス製品を不憫に思うろくろくでした。

どうせお陀仏なら、もっと静かに逝ってくれ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス解析
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。