スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬ですね

日本はクリスマスも終わり、すっかり年の瀬、新年の準備に余念がありませんね。

25日にクリスマスを家族でお祝いするという一年の中でも2大行事の一つが終わったイギリスでは、クリスマス明けから始まるSALE目当てに人が繰り出しています。

これだけ見ると、年末の買出しに似た光景ですが、仕事は元日を除いて平常運転、小中学校も3日、4日には始まってしまう為、クリスマス直後の大晦日周辺は、のんびりとホリデーの余韻を楽しむ人々が多いようです。

イギリスでは、クリスマスは12月24日の日没から12日間、すなわち1月5日の日没までと考えられていますので、エピファニー(降誕節)の1月5日ごろまでは、クリスマスの飾りをそのままにして、新年もクリスマスツリーやディスプレイと共に迎えることになります。
新年はクリスマスのおまけって感じなんですかねぇ。

トラファルガースクエアのクリスマスツリー
2011-12-21-0018.jpg


NYと比べるとライトの地味さは否めませんが、毎年ノルウェイの森から運ばれてくる、高さ20メートルにもなる、巨大クリスマスツリーです。
夜のトラファルガースクエアに足を伸ばすと、きれいにライトアップされた噴水とツリーのクリスマスならではの景色が楽しめます。

でもなかなか、こんな市内まで、足を伸ばすこともないんですけどねー。


今年は東北太平洋地震という未曾有の大惨事、それに続いて原子力発電所の事故と、日本という国にとっては、百年に一度かそれ以上の危機を迎えて、いろいろなことが、変わらざると得なくなっていくという面でも、特別な一年でした。

このブログでは、記事は気が向いた時にだけ好きなことを更新するような形で、なるべく原発事故の話題は避けてきました。



そういう話題は、不特定多数の人の目に止まる可能性のあるブログよりも、より個人的な方向性のSNSや、発言がどんどん流れ去っていくのが売りだ思えるTwitterに、どんどん流してしまっていたのですが、
長年の古い友人や、忌憚の無い御自分の意見を語っていらっしゃる(=こちらも言えると勝手に思い込んでいた)方など、意外なところで、反発や不興を買い、絶縁を経験して、いろいろ考え込んだ年になりました。

もちろん自分のしたことへの反省はありますが、事故に対する対応、温度差や考え方、捉え方の違いで、今後の人との関わり方が変わってしまうのは、今回の原発事故の影響が大きいということなんだと、勝手に解釈しています。

TwitterやSNSも面白がって使っていただけに過ぎませんが、便利なツールについては、よほど考えて使わないとだめなんだなと、痛い教訓となりました。

たまたま地震と事故が起きた時に日本に住んでいなかったとはいえ、わたしたち家族はいつまでたっても日本人です、家族の全てが日本に居ます、夫の家族全てが関東在住です。
私たちもいつかは日本に帰ります。
毎日、新聞のインターネット記事、Twitterに流れている、温度差が入り混じった原発放射能関連の情報を読んでいると、胸が痛みます。

定例文句の「良いお年をお迎えください」も、今年は心の底から叫びます。


日本の全ての人に「良い年」が来ますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス解析
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。