スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年Languedoc et Roussillon その4

その3でご紹介した、ピンクの羽根↓の正体は・・・

2011-08-15-0004.jpg

この方々のうち、どなたかの落し物だったようです(笑)
2011-08-15-0009.jpg

手前の、すうじの3みたいに見えるひとたちです

サギ !???

2011-08-15-0005.jpg

たーーくさんの、でっかい、サギ鷺 !???


2011-08-15-0007.jpg

サギ、、、ではなくて  ピンクフラミンゴの野生の群れでした~

2011-08-15-0006.jpg
2011-08-15-0008.jpg

カマルグ湿地帯は、野生のフラミンゴが生息することで、有名なのだそうです。
きれいなピンク色は、湿地帯でフラミンゴたちが食べている貝の色素によるのだとか。


湿地帯の湖のそばに、群れを作って、あちこちで見かけるようなのですが、湿地帯のごく一部や外側周辺しか車両通行が認められていないので、なかなか、湿地帯深部や海の近くまで行くことは難しそうです、
なにより、この湿地帯って、えらい、広いですから!!!
(行きたい方はサント・マリー・ド・ラ・メールからレンタサイクルや乗馬で行けますよ♪)

ということで、てっとり早くフラミンゴが見られる Le Parc Ornithologique de Pont de Gau ポン・ド・ゴー鳥類公園 というところに入園して、囲われた湿地帯の一部と、フラミンゴたちを手っ取り早く近くで見て、撮影してきたろくろく一家でした(笑)

ピンクといっても、全身ピンク(どちらかといえばサーモンピンクですね)ではなく、ボディは白っぽく、大きな羽根にピンクの差し色が入っている感じなのですが、この奥ゆかしい感じが、カマルグフラミンゴの良さ!?なのかしらん?
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス解析
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。