スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年Languedoc et Roussillon その3

二日目は、アルルから車で1時間弱、カマルグ湿原を越えて、サント=マリー=ド=ラ=メール(Saintes-Maries-de-la-Mer)を目指しました。

この街は、
『ナザレのイエスが磔刑に処せられた後、マグダラのマリア、マリア・サロメ、マリア・ヤコベ、従者のサラ、マルタ、ラザロたちが、エルサレムから小舟で逃れてこの地へと流れ着いた。』という伝説を持っています。

世界的ヒットになった「ダビンチ・コード」では、
「イエスとマグダラのマリアの子孫は、フランスのメロヴィング朝の王たちに連なっている」という伝説が元になっていましたけれど、これも「聖母マリアとマグダラのマリア」は、新しい布教の地を探して(迫害を逃れて?)、エルサレムを出て舟に乗り、フランス(サント・マリー・ド・ラ・メール)に流れ着いたという伝説を下敷きにしているんでしょうかね?

そういう神秘的な伝説を持つ街なので、3年前から「行って見たい」と思い続けていたのですが、、、


サント・マリー・ド・ラ・メールの街に向かう一本道、大渋滞!!



そりゃぁ、そうだ・・・

まだ真夏、しかも晴天とくれば、私達のように観光やら海水浴に来る人たち、多いはずです;

ちょろちょろとは進むので、我慢して街の入り口まで来たものの、そこから先のハイストリートへの進入と駐車場探しは、更に大変な混雑;

街の見学は真っ先に諦めた!!!
(苦笑)

仕方なく、街の入り口のはらっぱに、他の人たちを見習って車を停め(しかも無料だったよ!)、そこから一番近い海にまっすぐ向かいました。

この日は晴天、着いたのはお昼ごろでしたが、意外と涼しく(風が強い)、海の水も冷たかったので、先ずは砂遊びに熱中。

2011-08-15-0001.jpg イルカになった少女 

2011-08-15-0002.jpg 大作「ロンドン塔Tower of London」

2011-08-15-0003.jpg

そのうちに日差しも強くなって来たので、海に入って少し遊びました。

昨年行った南イタリアのビーチと違って、あっちこっちが美しく整備されたサンドビーチ(防波堤つき)なのはいいのですが、ビーチの傍に「海の家」的カフェがあるわけでもなく、着替え場所やトイレを有料で貸してくれる休憩所も見当たらず、ましてやビーチを占領して、日除けのビーチパラソルやベッドを有料で貸すような商業的ビーチが、見つからない!
探せばあるのかもしれませんが、暑い中、全く知らない町で、町や砂浜をウロウロするのは、子連れには不可能です;

唯一あるのが「共同の屋外無料シャワー」でした。
サンドビーチが続く海岸線への入り口があちこちにあり、その入り口にはシャワー完備!

『海辺の街に滞在して、毎日マイパラソル持参で、すぐ傍の海へ通う、
昼食を取りに/疲れたら昼寝の為に、宿舎に戻り、また海へ』
こういうスタイルのリゾートが定着しているのかもしれませんねぇ。


昨年のように『子どもは夫に任せて、母はパラソルの下でゆっくり読書、時にビール♪』というスタイルのリゾートを思い描いていたろくろくには、残念なビーチ体験でした;

昨年イタリアで見た、たくさんの女性達が「着替えしない、水着(ビキニ)の上に服を着て、そのまま帰る」というのが合理的に思えたので、今年はセパレーツ(ビキニではない、勿論!)の水着を購入、海に行く日には、朝からセパレーツの水着を着用、その上に服を着ていたので、なんとかなりましたけれど。


一日水着を着て歩き回る・・・これもリゾートといえばリゾートですけど、うーん、慣れないなぁ。

日差しが翳ってきた4時ごろにビーチから退散して、サント・マリー・ド・ラ・メールの街の入り口にある、ポン・ド・ゴー鳥類公園Parc ornithologique pont de gauに向かいました。

サント・マリー・ド・ラ・メールの街は、美しいカマルグ湿地帯と海にぐるりと囲まれているのです。2011-08-15-0010.jpg
国から、保護指定されているので
なーーんにもないです
2011-08-15-0004.jpg
羽がピンクの鳥?
スポンサーサイト

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス解析
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。