スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルマンケーキ

以前にも一度、お友達からタネ(おそらくサワードゥ)を分けてもらい、ケーキを一度焼いたことがあったのですが、再度、今度は学校の日本人ママの間に「ヘルマン・フレンドシップ・ケーキ」のブームがやって来ました(笑)

貰ったはいいけど、育てても、イースターホリデー中だし、興味のある人も少なそうだし、
なにより手順としては「タネを渡した翌日に焼かなくてはいけない」という決まりなので、

誰にもあげられない~~~(苦笑)


このタネは

・貰った翌日に、全分量をケーキの材料として消費するか
・再び、10日間育てて、増えたタネを4等分して、1等分をケーキに、1等分を自分キープに、残り2等分をお友達におすそ分けするか

選べます。

選べますが・・・おすそ分けするお友達がいなかったりすると、なんだか悲しい気分になりますね(自爆);


さて、今回は、とりあえず10日間、育ててみました。

お世話は毎日一回かき混ぜる、4日目と9日目に、それぞれ小麦粉・砂糖・牛乳を1カップずつ足す。

これだけなんですけどね、2回に渡り足す砂糖の量2カップって、結構すごい量よねん;
(イースト菌が砂糖を餌として食べていくので、全部がケーキのカロリーになるわけではありませんが)


で最終的に出来たタネのうち1/4しかケーキに使わんわけで

その後増やすにしても1/4を置いといたらいいわけで

おすそ分けする人が居なかったら、2/4=1/2は捨てる運命;

なんだか、悲しい気分になってしまう、我が家のフレンドシップケーキでありました(苦笑)


おともだちは、フレンドシップケーキのタネの育て方とケーキのレシピをくれたので、そのレシピ通りに、生地を作ってみました。

混ぜるだけ。

バターは使わず、サラダオイル使用のヘルシー派。

でもケーキを作るときも砂糖1カップでっせ~、すごい砂糖の量だ;;;

DSCN0901.jpg

170度で45分焼き上げて、こんな感じに。

DSCN0904.jpg

実は、私は砂糖半分、りんごの量も半量ぐらいで、焼いております。

もう一回分焼いて、冷凍するかなぁ。。。


ずっとタネを育てている人が近くに居れば貰えるチャンスもあるので、気軽におしまいにできますが、なかなか貰えないものだと、使い切ったり処分するのが、惜しくなります。

でも、もともと最初は、だれがどうやってタネを起こしたのかなぁ?とインターネットで調べてみたんですが、日本語の情報は少なかったです。
おひとりだけ、クックパッドで、タネの起こし方を紹介している方がいて、それは結局ドライイーストか生イーストを使う方法でした。

アメリカでも似たようなケーキがあり、それは「アーミッシュ・ブレッド・ケーキ」と呼ばれているようです。
アーミッシュのお友達が居なくても、アーミッシュの製品が買えるホームページで通販で、スターターセットが買えるみたい。
それもスターターはイースト菌みたいなので、

「その気になったら、タネも起こせる」ということがわかった時点で、我が家はヘルマン君は、しばらくお開きに。。。

育て続けるのも、砂糖の消費が半端じゃなくて大変ですからっ;;;
スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

アクセス解析
最新記事
カレンダー
01 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。