スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正真正銘「スパニッシュオムレツ」

イルンに居るんデスのZAZPI(サスピ)さんが、正真正銘のスペイン風オムレツの作り方を、紹介してくださっています。


私がそれまで作っていたスパニッシュオムレツはこんな感じ
267802_10150235655527270_675262269_7004586_2454637_n.jpg

「私のオムレツはスペイン人よりおいしいのよ!」と作り方を教えてもらったのですが、一から指導してもらったわりに、彼女が作るようには上手に作れなくて、毎回格闘、、、じゃがいも焦がしたり、焼き加減がいまいち分からなかったり、ぼそぼそになったり;

これはじゃがいもの薄切りをフライパンに並べて、オリーブオイルで、火が通るまで満遍なく両面焼く方法。
じゃがいもが重なり合わないようにしなくてはいけないので、順番にフライパンに並べてひっくり返してを何回か繰り返すので、時間がかかります;
じゃがいもが薄切りのまま並んでいるので、歯ごたえがあるところが好きです。


ZASPIさんのブログ記事の教え通りに作ってみたのが、この写真↓
2011-09-01-0010.jpg

薄切りにしたじゃがいもを、たっぷり400mlのオリーブオイルでオイル煮にして、マッシュするので、柔らかい、ふわふわした感じ♪ 

オリーブオイルで揚げるのではなく「煮る」そうです。
2011-09-01-0001.jpg
うちのテフロンフライパンは浅いタイプしかないので、油はねが怖くて、ステンレスなべで煮てみたら、じゃがいものが底にくっついて大変でした、やっぱりテフロンフライパンで煮たほうがいいのかもね。

我が家(娘さん)の好みは、チョリソー入り♪
これが入ってると、歯ごたえもあって、美味しさ倍増~
2011-09-01-0003.jpg

よいしょっ!
2011-09-01-0005.jpg

よいしょっ!!!
2011-09-01-0008.jpg


同時には無理ですが、たまにパエリャも作ります。
これはバルセロナ出身のスペイン人のパエリャ自慢に習いました。

・シーフードでイカ墨入り
・野菜入り
・パスタパエリャ
の三種類を習ったことがありますが、我が家には魚アレルギーの娘が居るので、「野菜+チキン」が定番。

スープストックは、骨付き腿肉から除いた骨と冷凍庫に溜め込んだくず野菜で取ります。
スペイン風の「ソフリット」も作ります。

イタリアのソフリットは、にんにく・たまねぎ・にんじん・セロリが入っているものが多いようですが、スペイン風は、にんにく・たまねぎは同じだけど、トマトとパセリを使うようです。
271144_10150216978732270_675262269_6950149_8363796_n.jpg
サフランを使うと、ふわっとした香りが立ち込めて、食欲が増すのですが、高価なサフランを毎回使うわけにもいかず、普段はサフラン無しで。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
08 | 2011/09 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。