スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校でボランティア

娘の通う小学校で、週二回、ボランティアを始めました。
こちらでは、父兄が子どもの学校のお手伝いをする際には、Parent Helperと呼ばれます。

今までも、娘のクラスや学年で折り紙を教えたり、一年生の時の担任だった、J先生のクラスにたまに行っては、お手伝いをしたりしていたのですが、今回のはちょっと真剣。

何故なら、9月から、地域のAdult Educationが主催する、Teaching Assistant(補助教員)のコースに行くことにしたからです。

週一回、9時半から14時半までコースでレクチャーを受けますが、それ以外に、週12時間(9時から3時までで週2日)、有給・無給を問わず(といっても有給で雇ってくれるところがあるなら誰もコースに来ないと思いますけど 苦笑;)、実際に小学校で働いて、実地経験を積むことが要求されます。

「働く」といっても、何の資格も経験もないので、やることは、先生に言われたことだけ、実際のTeaching Assistantの下働きだったり、雑用だったりしますけれど(笑)


娘のクラスで他のお母さんが同じコースに行っていたので、コースを取るためなら、クラスに割り振って下さることも知っていたので、私も、学校の教頭先生にお願いして、入れて頂きました。
教頭先生からオファーされたのは、これまで工作のお手伝いをしてきたJ先生のクラスでした♪ なんてラッキー♪

(先生方の中には、今の担任+TAでうまく回っているのでヘルパーを入れたくないタイプの先生も居ると思います、J先生はおおらかなので、他人に仕事を割り振ることも平気で、parent helperを歓迎してくださるので、居心地が良いのです)


実際にクラスのお手伝いを始めて3回目の今日の仕事は、

・子どもがコンピューターで描いたお絵かきのプリントアウトを、余白を残してカットし、黒台紙に貼り付け、さらにその台紙を余白を残してカットして、額縁状にする(マウントと呼んでいます)。

・算数の授業中、子どもの見張り(笑)6歳前後の子どもたちですから、進んで集中して、勉強するわけではありません、声かけ、必須(苦笑)

・アートの時間のお手伝い(今日も絵の具を使ったので、その後始末とか;)


面白かったのは、RE(宗教)の時間。
「ノアの箱舟」のお話のアニメーションを、教室の電子黒板で見て、それを先生が8場面に分けて、キーとなる絵をごくごく簡単に描きます。
子どもはそれを真似て、1~8場面の絵を、ノートに書いて、色を塗るのです。

そのほかにも、小さな雑用をしています。

朝、教室に入ったら、たいてい担任の先生の朝食(シリアル)の使用済みボウルがあるので、教室内のシンクで洗ったり(笑)
2年生まではおやつとしてフルーツが出るので、りんごやナシだったら、軽く水道でゆすいでザルに入れておいたり。
筆記用具も2年生までは、教室で共用のものを使うので、鉛筆・色鉛筆を削って置いたり。
先生が必要とするワークシートのコピーを取ったり。

TAって、担任の先生の秘書みたいなものなんですかねぇ。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

2011年Languedoc et Roussillon その5

3年前のProvence旅行中、ガイドブックなどで写真を見て、行きたい/見たい願望を募らせていた場所、
カマルグ湿地帯の海に面した一部に広がる、塩田です。

事前のリサーチでは、アルルから近い、湿地帯の東側に位置する Salin-de-Giraudと、反対の西側に位置するAigues mortes の Salins du midi社の塩田が有名ですが、私がインターネットで検索したときに見た、大きな大きな塩の山の写真は、Salin-de-Giraud のものだったので、アルルから湿地帯を南下して、Salin-de-Giraudまで行き、塩田と塩の山を見て、更にその先のDomaine de la Palissadeという自然公園に行く計画を立ててたのですが・・・。

salin_de_giraud.jpg


Salin-de-Giraud

塩田が広がります!!!
2011-08-16-0015.jpg

ここは夏場は一日何本か、塩田見学の観光トレイン(バス)が出ているらしいのですが、私たちが辿り着いた時には、発車してしまった後、次のトレインはお昼を過ぎて午後2時まで出ない。

ということで、見晴台からの、塩田撮影だけに留めることに。
2011-08-16-0031.jpg

うわー、きれいだ、青い空、ピンクの塩田
2011-08-16-0016.jpg

そして、でっかいでっかい、塩の山!!!

・・・・

あれっ???

2011-08-16-0020.jpg

なんと、なんと、Salin-de-Giraudの塩の山は、既に精製場に全て運ばれていってしまった後だったのです


えぇーーー、そんなーーーーー(涙;)

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

秋の食卓

2011年9月12日は 「十五夜」 だったので、買い置きしていた日本の団子粉で、お月見団子を作りました。
2011-09-12-0003.jpg

お団子がコロコロ転がって、お皿に上じゃ積めません~~~;

うちのムスメ(7歳)は8時にベッドに入る習慣なのですが、7時半になっても月が出ず、、、やきもきさせられましたが、8時すぎにようやく、我が家から見える位置に月が昇ってきて、一安心。
お月様も見たし、団子も食べた!でようやく8時半に就寝してくれました。


月見団子も秋の味覚だけど、こちらの晩夏~初秋の味覚といえば、家庭の裏庭で実るフルーツだったりします。

「庭に、りんごや梨が実るのよ」って言う人もたまには居るんですが、今までおすそ分けをもらったことは無かったんですが、今年初めて、旦那が、会社で、「調理用りんご(超酸っぱいので砂糖をまぶしたデザートもしくは料理に使う)」を貰ってきてくれました。

アップルタルトになりました↓
2011-09-04.jpg
ザク切りにしたりんごをカラメルで絡めてあります、少しやわらかくなっていたので、フィリングが焼きあがったら、りんごジャムみたいになっていましたが、おいしかったです♪


タルトを作ったのとは別の週、休日に家族で出かけると、夕飯を作るのがしんどいので、そういうときには手抜き・・・持ち帰り(デリバリーピザ)と、あり合わせのサラダ。
2011-09-03-0002.jpg

お友だちから教えてもらった、Wimbledon Parkの Red Brick Oven というデリバリー中心のピザ屋さんのピザ♪
薪を燃やしているオーブンなので、焼きあがった生地の香りがよいのです。
私には、使っているチーズがちょっとしょっぱいかな!?って気がしないでもないのですが、夫も娘も気にならないみたい。
デリバリーだけでなく、簡易テーブルが店先に用意されているので、お店で食べることも出来ます。
http://hungryhouse.co.uk/red-brick-oven


最近、中年太り一直線だった旦那の上半身が、痩せてきた!特にお腹!!!
その秘密は、週末のスイミングと昼食を市販のサラダにしたことだと言うので、食卓にサラダを増やしてみることにしました。少なくとも、他のおかずを食べる量が減って満足感があるものね、サラダ。
2011-09-03-0003.jpg


別の日の夕食は、具だっくさんの固焼きそば
2011-09-12-0005.jpg

焼きそばの麺は、中華麺ではなく、Angel Hairとも呼ばれる、乾燥の極細スパゲッティを使っています。

海外在住者の間では常識になりつつある(!?)、スパゲッテイを中華麺に茹で上げる☆裏技(シークレットは重曹です!)を使って。

イギリスのスーパーでも、焼きそば用のヌードルは買えますが、麺が太いし、なによりきちんと作ったパスタ乾麺の方が美味しいので、我が家の焼きそばは、パスタ+重曹茹でで、作ることが多いです。
アクセス解析
最新記事
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。