スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディアン・ドライカレーの素

海外生活を始める前に、日本で主婦をしたことがないので(料理もしたことは殆ど無いけど爆!)
所謂「忙しい主婦のお助け ○○の素」といった類の製品の便利さを覚える前に、インターネットの助けを得て、自分で調味料を合わせて・・・というのを覚えたので、和食・洋食・中華の殆どで「○○の素」というのを使わない生活をしています。
唯一妥協できないのは、日本風カレーで、これは私の中では「ジャワカレー」と決まっている(笑)
<娘さんの中では、「カレーの王子様」と決まっていますが。。。>


しかし、馴染みの極端に少ない、インド系のお料理は別~~~!

「自分でスパイスを合わせて」なんて、とーんでもない;

これだけは、市販の「○○の素」を大活用(苦笑)

最近よく買っているのが、夫の好きなBiryaniビリヤニ、「インディアンドライカレー」の素♪

IDShot_225x2252.jpg

Patak's というメーカーのしか試したことありませんが、Patak’sのカレーペーストは美味しいという評判なので、きっとビリヤニも美味しい筈!!!
と決め付けて。


作り方はとっても簡単で(なんといっても「○○の素」ですから;)、


1)オーブンを180℃に温めておきます。
2)大きめのフライパンで、細切れにした鶏胸肉(節約して1枚ぐらい)を少量の油で炒める
3)そこに、Patak's Byryani sauceを全量、どばっと入れる
4)ソースの瓶に水60cc(大さじ4)を入れて、中が飛び出さないように振り(瓶の中に残ったソースの掃除を兼ねて)、それを3)に加える。
5)洗っておいたインド米(Basmati Rice)150gを4)に加えて、少し混ぜた後、煮立てる。
6)ソースが煮立ったら、耐熱容器(大きめのグラタン皿)に移して、アルミホイルで蓋をして、180℃のオーブンで35分、焼くだけ。


もちろん他のメーカーからも何種類か出ているのですが、中華&タイ系ソースも扱うオリエンタルならなんでも来い!な、某Sharwoodとか、イタリアンパスタソースを扱ってる筈のLoyd Grossmanとか(出来合いのパスタソースとしては美味しい方だと思います、Tomato&Wild Mushroom味が一番好き♪)のと、イギリスのインド料理の第一人者(恐らくインド系移民)が商品開発してるのとでは、やっぱりインド移民発が、美味しそうに見えるのが人情ですよねぇ。

Patak'sのこのオーブンで焼くだけタイプのビリヤニソースは3種類

・Hot&Spicy  私の近所のお店では見つけられていません
・Medium&Aromatic 一番好み、辛すぎず、甘すぎず
・Mild&fruity うちの子どもも食べられますが、辛いインド料理を期待する大人には、フルーツの酸味が勝った印象があります

Patak’sは、いろんな瓶入りカレーペーストを発売しているので、インド風カレーを作る際には、ぜひお試しください♪

日本での知名度は、まだまだイマひとつのようで、ビリヤニソースに至っては検索しても見つけられませんでしたが、カレーソースなら、インターネット販売しているお店がいくつかあるようです。
びっくりしたのは、アマゾンでPatak'sのカレーペーストを売っているお店があったこと!

これは、マイルドカレーの素。

美味しいので、ぜひ広めよう、Patak’sのカレーの世界~ (笑)
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。