スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fire&Ice

秋タームのTOPICは「Besides Sea」で、風船に薄紙を貼り付けて魚を作った娘たちでしたが、
冬タームのTOPICはFire & Ice だそうで、1月の最初に、ロンドン動物園に遠足に行きました。

私も引率に付いていき(くじに当たった!希望者が多くて引率権Getはいつも狭き門なのです)トロピカルな動物と極地に住む動物を見てくださいと地図を渡されたのですが・・・・

南極地方代表のペンギンが居ない!!!(ペンギンプール建て替えの為、別の動物園に避難中。5月に戻ってくるそうです。) 
がっかり;;;

ロンドン動物園には白熊も居ませんし、象も居ませんし、入場料は高いのに意外と定番の動物が居ないのが残念ですね;

冬場の動物園はガラ隙きだったので、それでも、キリンやトラ、ライオンを見たり、爬虫類を見たり、ゴリラの子どもや、集団で折り重なるようにして室内で寝ているカワウソを見たりして、子どもたちは満足した様子でした。

子どもたちはこの経験により、TOPICに自主的に興味を持って、1タームを使って、Topicに関連するお勉強をするのです。
お勉強といっても、「極地方にはこんな動物が居ますよ」とかそんなことを、コンピューターの画像を見ながら教わったり、ペンギンに関する作文をしたり、ペンギンの工作をしたり。

タームを通して、クラスの壁にはTOPICに関する掲示が行われます。

「Fire」はトロピカル代表で、鮮やかな南国の鳥を作ったらしい。
2011-02-16-19-29-3343.jpg

「Ice」は極地方動物代表で、やっぱりペンギン!
2011-02-16-19-29-2342.jpg
上のペンギンは先生の企画ですが、下のペンギンは日本人ママによる折り紙ペンギンです。

頭の部分のかぶせ折りが子どもには不可能なテクニックではあるのですが、このペンギン、自立が可能でとてもかわいいので、一人ひとり手伝いながら、作らせました。
1グループ4名で、トータル90人。
風船の魚よりは、時間がかからないので、楽勝!

ハーフタームの直前には「ペンギン・デー」が設けられ、子どもたちは、白黒のペンギンカラーで学校に行き、授業時間を使ってペンギンのマスクを作り、ペンギンの歌を歌ったり、詩を作ったりしたようです。
2011-03-09-17-52-13168.jpg


ハーフターム明けてからは、重点が「Fire」に置かれ、主には「ロンドン大火」のお勉強をしたのだとか。
その一環で、消防署まで歩いて、消防署見学に行きました。


イギリスの小学校も、なかなか楽しい!
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。