スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の抱負

英語で「新年の抱負」は New Year Resolution というそうです。
昨年、そんな言葉も知らない母に5歳と半分の娘が「校長先生がNew Year Resolutionを決めましょう」って話してくれた~って、学校の集会での出来事を話してくれました。

昨年は抱負らしき抱負も立てずに終わった一年でしたが、今年はめずらしく立ててみた!

「毎週、新しいレシピを一品は作ってみる」

子どもに手がどんどんかからなくなって、家事に注入できる労力・時間・体力・頭脳がどんどん増えてるはずなのに、なぜか、なぜか、以前より時間が無いのです;
(よってこのブログも普段はほったらかされている;)
それを言い訳に、毎日毎週、代わり映えのない、一品料理が並ぶ我が家の食卓・・。
(恥ずかしくって写真もとれやしない;)

自分でレシピを作るわけじゃないから、やる気さえあれば、なんとかできそうですが、、、続くかなぁ。


持っている料理本は増やさない予定なので(有っても作ってないから 爆)、今のところ、古い料理本を読み直したり(ジェイミー読んでます)、スーパーなどで配布されているレシピを試してます。

Garsons Farm 配布の Carrot&Apple Cake や、

WaitRoseのMushroom Penne with garlic Bread Breadcrumbs は、美味しかった、簡単なのに試す価値ありでした。
(↑でもパスタはCaperが無くて市販のPESTOと自家製ソフリットで誤魔化したので実は別物なんだけど;;;)

Deliaの本もジェイミーの本も持ってるんだけど、英語のレシピって箇条書きじゃないから、なんだか読みにくくって、カロリーも高そうだし、なかなか登場しません。

今年はチャンレジするぞ。
スポンサーサイト

小学校で工作指導

昨年の秋タームの娘たちのTopic「Besides Sea」とハーフターム直前のインターナショナルWEEKに合わせて製作した、Japanese Fish Baloonは、ハーフターム終わって、数週間、クリスマスの3週間ほど前にようやく出来上がり・・・(苦笑)

娘たちのクラスでは、ターム末に返却されてきましたが、お隣のクラスでは、こんな風に大変身!!!
2011-02-16-20-01-5849.jpg

Great Barrier Reef
グレートバリアリーフのトロピカルフィッシュたち!!!


「Japanese Fish が太平洋南下の旅をして、オーストラリアに行っちゃった」ってことにしたそうです(笑)

このクラスの担任の先生は昨年娘がお世話になった先生で、学校では美術主任も努めており、アートに理解と関心が深いので、クラス内の掲示物もとにかく力が入っています。

2011-02-16-20-02-0851.jpg

冬タームのTOPICはFireIce

Ice は   両極地方に住む動物たちに関して
Fireは トロピカル&オーストラリアに住む動物たちに関して&ロンドン大火
について学ぶのだそうです。

そういえば消防署の人が火事の時の非難の心得を教えに来たとかも言ってたなぁ。

2011-02-16-20-02-0250.jpg

力作ぞろい

3クラス*30人分で90人分の魚を作らせた私たち(もうひとり日本人のお母さんにもかかりっきりで手伝ってもらいました)、えらいよね!?

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Toad in the Hall

昨年の夏、娘がお友だちのお宅で夕飯をご馳走になった時に「手作りヨークシャープディング」を頂いていました。
お迎えに行った時に、「いっこ、どうぞー」と私たちにも分けてくれたんですが、ふんわり膨らんで美味しかったー!
「初めて作ったけどすっごく作るの簡単だったのよー」と言われて、イギリス人が「簡単」と豪語するからには簡単に違いない! これは私もぜひ挑戦せねば!
・・・と思いつつ
・・・気になりつつ

年越し(苦笑)

ようやく、ようやく作りました。

トード・イン・ザ・ホール

2011-02-14-22-55-4936.jpg

えっ? ヨークシャープディングじゃないって・・・!?

いっちゃんの美味しい食卓のイギリス料理ブログで紹介されていたんですが、Toad in the Hall トード・イン・ザ・ホールというのは「ヨークシャープディングの生地の中にソーセージを入れて焼きあげる」お料理なんだそうです。
土に開いた穴から顔を出しているカエルをイメージしたお料理なんだそうですが、、、見えます???

そうかーーー!!!!

今まで、どういうお料理なのかイマイチピンとこなかったんですが、正体が分かったので、安心して挑戦できました(笑)

平日は親よりは一足先に夕飯を食べる娘には、ヨークシャープディングとソーセージを作ったのですが、マフィン用の天板に油を入れて熱くしたのに、生地を流し込んだヨークシャープディングは大成功だったんですが、

親用に作ったトード・イン・ザ・ホールは、陶器の耐熱皿を使い、しかも油を入れて熱しておくのを忘れちゃったんで、耐熱皿に生地がくっついてしまいました(汗、汗;)

でも美味しかった。

レシピはこちらを参考にしました。

オニオングレイビーは、ジェイミーのレシピで、赤たまねぎを使い、バルサミコ酢が入ります。
ちょうど作り置きのチキンスープが冷凍してあったので、それを使って。
(市販のスープキューブは味が濃すぎて、なんでもキューブの味そのままになってしまうので使いません)

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。