スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の先生に季節の付け届け!? その2

クリスマスがイギリス人にとっては特別なものだと感じるのは、クリスマスシーズンには、学校の担任の先生以外にも、習い事の先生たちにもクリスマスカードを添えてチョコレートボックスやお花を贈る父兄が多いことでしょうか。
大抵クリスマス休みに突入する直前の一番最後のレッスンに間に合うように贈り物をするのですが、例年「あっ、忘れてたわ~」で済ませてしまうケチな我が家も、昨年のクリスマスシーズンは、習い事の先生たちにだけは滞りなく配りまくりました(爆)、こちらは£5前後の予算で(爆)。


・学校で習っているラッパの先生
・学校でやっている放課後クラブのダンスの先生
・学校でやっている放課後クラブのドラマの先生
・土曜日のバレエの先生と補助の先生
どんだけやってるんだ・・・と突っ込まれそうですが、実は日曜日にはスイミングもやっておりますが、ここだけは先生にギフトを贈る習慣が無いようなので(担当のインストラクターもころころ変わるし)我が家もパス。


贈りっぱなしで大変でしょ~?と思われるかもしれませんが、クリスマスや学年末の贈り物に関しては、『純粋な感謝の気持ち』なので、基本的には、親自身が「先生、うちの子を指導してくださってありがとう」という気持ちが芽生えたら贈ればいいもの・・・だと思います。

私は、昨年の学年でも、今度の学年でも、自腹を切って材料を持ち込んで工作を子どもたちに教える機会も多かったので(やらせてくれる先生には感謝!)、学年末には小さなチョコレートボックスを、クリスマスにはアマリリスの球根の鉢植えを先生から、贈って頂きました。
放課後のドラマクラブも、クラブのお手伝い(子どもの人数が多いのでもう一人大人が必要という安全基準のためだけに)をしていたので、その先生からもチョコレートボックスを頂いたり(うちも相手に贈りましたが)。

大変だけど、「感謝の気持ち」が篭っているなら、こういう習慣もいいなぁと思いますね。


バレエの先生方は、クリスマス明けてから、贈り物をした子どもたちに、お礼のお手紙をくれました。

Dear K

Thank you very much for the delicious chocolates that you gave me for Christmas,it was kind of you to think od me.
I hope you enjoyed your Christmas holiday and I wish you and your family a very Happy New Year.

Love from,
Miss K xxx

こういう丁寧な扱いも、子どもの心を育てるには、大事な要素だと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

学校の先生に季節の付け届け!?

久々の学校ネタ、というか、いろいろ学校行事とか書くことはあるんですが、書こうと思う間に一日が終り、そのイベントも終り、考察する間もなく流されていくような日々。

子どもを日本の幼稚園・小学校に入れていて、それからイギリスに来たとしたら「こんなところが違うんだー」と新鮮な驚きがあると思うのですが、うちの娘の場合、最初からイギリスの「現地公立」に入れているため、「ふーん、そうなんだー」「こういうもんなのね」で過ぎてきた日々、いかん、いかん。

こちらの学校では、学年が変わると、担任の先生が変わることが多いので、学年最後には「お礼」と称して、主任教員と補助教員のお二人にささやかなギフトを贈ることが一般的です。
先生たちは、その学年の同じクラスに残って新しい子どもを受け持ったり、たまに先生自身の経験のため/人員やりくりの都合で学年を変わる先生も居ますが、原則「持ち上がり」というのはありません。クラス替えなしに先生だけが毎年変わることが多いようです。

先生への「お礼」、言わば「付け届け」「お中元」!?と言っても、金額的にはその家庭で無理の無いもの、高価過ぎないものということで、お花やワイン、チョコレートボックスなどが一般的で、値段も£10前後が相場。
日本のお歳暮・お中元だど何千円単位なので、私の印象では「そっちの方が大変やん;日本人って交際費に見栄張る必要があって大変かも;」なんですが。

とはいえ、毎年30人の子どもから、チョコレートやらマグカップやら植木鉢を貰っていては、先生たちの体も収納スペースも大変なことになります(苦笑)

ということで、学校の担任の先生に対しては、クラス委員のママが中心になって現金を集めて、商品券を贈るケースが多いようです。
面白いのはこの商品券も「参加するかしないかは個人の希望次第」ってところが、さすが個人主義の欧州で、全体主義の日本との違い(全員参加を義務付けたがる)だなーと思います。

イギリスの学校制度は9月が新学期なので、9月からは担任が変わるわけですが、担任が変わったかと思うとすぐにやってくるのが「クリスマス」♪
クリスマスにも、新しい担任となった先生方(主任教師と補助教員)に、父兄が贈り物をするのが、かなり「一般的」です。
言わば「お歳暮」か!?
再びクラス委員のママが中心になって、集金活動があります(笑)

面白いのは、これらの「付け届け」が公然堂々と行われていること。
贈り物をした子の親宛に、先生からのサンキューレターもちゃんと来ますが、付け届けをしなかったからといって、その子に対する取り扱いが変わる・・・というわけでもないようです。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

A Happy New Year

A Happy New Year!
あけましておめでとうございます


年末の大雪のヒースロー封鎖のために、日本に救援要請をしていた物資が届かず、買い物もなかなかままならずで、「あれがないー」「これがないー」続出の我が家の大晦日の台所;

今年は気合も入っていないので、「手に入るもの」で作ったお正月料理でした。


恒例のお稲荷さん重箱詰め
2011-01-01-20-14-2129.jpg

伝統的な御節部門
2011-01-01-20-14-1228.jpg
黒豆が間に合わなかったので”白いんげん豆”です(笑)
干瓢も買い忘れたので、昆布巻き作れず;

料理を始めてから、「砂糖が殆どないー」とか「みりんも切らしてるー」ってことに気づいたり;
和食でみりんと砂糖がないって致命的っす;;;
あー、ついでに料理酒もなかったし、代用の白ワインもほんのちょっぴりで不安;

洋風モダン部門
海老とミニトマトの中華風サラダ(ごま油とニンニクを効かせたたれをからめます)
鶉卵の串揚げ
鶏胸肉の野菜巻き
2011-01-01-20-14-4501.jpg

これらは元日の夜の食事用。

クリスマスとは別のお花も飾って
2011-01-01-15-29-5520.jpg

朝昼兼用でお雑煮を食べたのですが(お餅は大量に事前購入しておいた!)、肝心のかつお出汁をとるためのカツオ節が無いわけで・・・

仕方なく、クリスマスディナーの後冷凍しておいた「ダック使用済みBody」でスープを取りました、それに干し椎茸や、小さなかつおパックで取った出汁を足してなんやかんや・・・。
動物臭くなるかしら?と思ったんですが、スープに調味して年越しそばやお雑煮の出汁を作るときに、臭い消しにワインを入れて少し火を入れると、香りもよくなって、それらしーく出来上がりました、遜色なし!

また、みりんと砂糖の代わりにGolden Syropが大活躍でした(それも殆ど切れかけでドキドキだったけど;)。



元日からこれでは、先が思いやられます;
2011年はサバイバルな年になるのかしら・・・!?

今年もよろしくお願いします。
アクセス解析
最新記事
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。