スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醤油煮豚~2チャンネルレシピなのに使える!

醤油味の煮豚のレシピを調べていたら、出くわしたのが、かの有名な2チャンネルのまとめサイト。

タイトルは自己規制しますが(苦笑)、ご興味のある方はコチラ
(元々のオリジナルは、ネットのどこかで公開されていたレシピだそうですが)

「煮汁をずっと冷蔵庫で保管して、何度も煮豚を作る」うちに「どんどん美味しくなる」 という点に、とっても惹かれて、作ってみました!

イギリスは、塊肉の入手には苦労しませんしね~。

<豚塊肉> 
バラ肉1kgくらい タコ糸で縛って下煮しておく(アクがすごい出ます、イギリスの肉は血抜きがしっかりしていないので、余計に出る気がする)

下煮した豚肉を、下記煮汁で30~40分くらい、静かに煮るそうです。

<煮汁>
醤油が1リットル、酒が300cc、はちみつ100cc
臭み消しに、青ねぎと土生姜を足す


↓3回目の醤油煮豚作成中

2012-04-11-22-45-30_1914.jpg

一番最初は指定通り、バラ肉の塊を使ったんですが、脂の量が凄くて凄くて・・・煮汁が冷めたら、ビッシリ!と白いものが浮かんでました(汗;)

煮豚にもやっぱり脂がギッシリで、やーーわらかくて、ラーメン用のチャーシューにピッタリ!

煮豚の煮汁は、半熟卵をつけておけば、さらにピッタリ!

白い脂はザルで漉して、冷蔵庫に保管して、チャーハンなどの炒め物に使いました。


でも、でも、

「これでは人間の腹肉までさらにバラ肉にしてしまうではないか!」(既にそうなってるという突っ込みは置いといて;)

と自己反省して、以後は、赤身の多い塊肉の使用を心がけております。
(でも、ちょっと堅いんだけどね;)

この煮豚、チャーハンや、焼きソバ、冷やし中華の具にすると、とーっても美味しいです!
スポンサーサイト

Happy Easter 2012 イースターラム

夫と娘は、ラムLambのお肉が大好き!
私はあの独特のラム臭が苦手なのですが、二人にとっては「納豆だって臭うよ、それとおんなじ!」ぐらいのものだそうです・・・。
(関西人の私は昔は納豆も食べられなかったし、えぇー、ラムの方が臭いよーと思うのですが;)

ということで、年に一度のイースターには、特別に、Lambをお料理するようにしています。

2012-04-08-15-59-05_1902.jpg
刻んだローズマリーとつぶしたニンニク、家中にあるだけのドライハーブやハーブ塩、オリーブオイルを混ぜたのを塗りたくって、焼いてみた!

それでもラム臭は漂うのですが、脂身部分以外は美味しく頂きました♪
夫は脂身部分も、大喜びで食べていましたっ!

ところで、

独特のLamb臭の大部分は、この脂身の部分から臭ってくるようです。
余分な脂肪をきれいにトリムされたラムは、私にもあまり臭くない。
Organicラムのステーキなんかも、脂肪が少ないきれいな赤味部分が多いと、臭さが半減してます。

そう思って、今年はフィレFillet肉を購入したのですが、がーーーん、Filletの赤味をひっくり返してみたら、底の部分が底ではなく、上側! 分厚い脂身+皮が、ちゃーんとついていました;

詐欺だ~~~(涙;)


昨年はこんなの↓ Garsons Farmのお肉屋さんで購入した味つき
2011-04-24_0602.jpg

一昨年はこんなの↓
2010-04-04-18-38-1211.jpg

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

秋の食卓

2011年9月12日は 「十五夜」 だったので、買い置きしていた日本の団子粉で、お月見団子を作りました。
2011-09-12-0003.jpg

お団子がコロコロ転がって、お皿に上じゃ積めません~~~;

うちのムスメ(7歳)は8時にベッドに入る習慣なのですが、7時半になっても月が出ず、、、やきもきさせられましたが、8時すぎにようやく、我が家から見える位置に月が昇ってきて、一安心。
お月様も見たし、団子も食べた!でようやく8時半に就寝してくれました。


月見団子も秋の味覚だけど、こちらの晩夏~初秋の味覚といえば、家庭の裏庭で実るフルーツだったりします。

「庭に、りんごや梨が実るのよ」って言う人もたまには居るんですが、今までおすそ分けをもらったことは無かったんですが、今年初めて、旦那が、会社で、「調理用りんご(超酸っぱいので砂糖をまぶしたデザートもしくは料理に使う)」を貰ってきてくれました。

アップルタルトになりました↓
2011-09-04.jpg
ザク切りにしたりんごをカラメルで絡めてあります、少しやわらかくなっていたので、フィリングが焼きあがったら、りんごジャムみたいになっていましたが、おいしかったです♪


タルトを作ったのとは別の週、休日に家族で出かけると、夕飯を作るのがしんどいので、そういうときには手抜き・・・持ち帰り(デリバリーピザ)と、あり合わせのサラダ。
2011-09-03-0002.jpg

お友だちから教えてもらった、Wimbledon Parkの Red Brick Oven というデリバリー中心のピザ屋さんのピザ♪
薪を燃やしているオーブンなので、焼きあがった生地の香りがよいのです。
私には、使っているチーズがちょっとしょっぱいかな!?って気がしないでもないのですが、夫も娘も気にならないみたい。
デリバリーだけでなく、簡易テーブルが店先に用意されているので、お店で食べることも出来ます。
http://hungryhouse.co.uk/red-brick-oven


最近、中年太り一直線だった旦那の上半身が、痩せてきた!特にお腹!!!
その秘密は、週末のスイミングと昼食を市販のサラダにしたことだと言うので、食卓にサラダを増やしてみることにしました。少なくとも、他のおかずを食べる量が減って満足感があるものね、サラダ。
2011-09-03-0003.jpg


別の日の夕食は、具だっくさんの固焼きそば
2011-09-12-0005.jpg

焼きそばの麺は、中華麺ではなく、Angel Hairとも呼ばれる、乾燥の極細スパゲッティを使っています。

海外在住者の間では常識になりつつある(!?)、スパゲッテイを中華麺に茹で上げる☆裏技(シークレットは重曹です!)を使って。

イギリスのスーパーでも、焼きそば用のヌードルは買えますが、麺が太いし、なによりきちんと作ったパスタ乾麺の方が美味しいので、我が家の焼きそばは、パスタ+重曹茹でで、作ることが多いです。
アクセス解析
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。