スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃん用メリー(モバイル)をお部屋のオーナメントに作り変え

7歳になっても、ベッドサイドの赤ちゃん用メリーが、大事すぎて手放せなかった娘さん。

さすがに、学校のお友達が遊びに来たときとかに「バツが悪いだろう・・・?」と母は思うのですが、それでもどうしても手放せないそうで、、、


お古としてお下がり/チャリティに出すのは諦めて、お部屋のバナーとして飾れるように、作り変えてあげることにしました。

「イギリスの赤ちゃん本舗」のような存在(といっても、日本のお店の品揃えの豊富さ、便利商品の多さには、ぶっちぎりで負けますが;)、Mothercareの、ごくごく標準的なモデルだt
たんですが、

産まれて初めて見た、両親以外の「動くもの」がコレだったから、そんなにこだわるのかしらね~!???

DSCF1500_convert_20120412222933.jpg


動物たちとお星様を切り離し、オルゴールを吊るしている部分は、そのまま残して、昨年の夏に作った、紙製のランタン+LEDライトをくっつけて、まだ使います(苦笑)

動物たちは、等間隔に並べて、リボンに縫い付けて・・・
2012-03-31-11-44-18_1811.jpg

こんな感じになりました。
2012-03-31-11-43-54_1809.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 育児・子育て
ジャンル : 日記

小学校で映画クラブ

娘の通う小学校では、毎月一回開催される「フィルム(映画)クラブ」というのがあります。

1時間半~2時間の映画を、親の付き添いなしで通して観られる集中力のついてくる7,8歳の学年以上が入会対象で、上映は週末の金曜日、学校が終わる3時半~5時半ごろまで。

ボランティア(有志)のお母さん数名で運営されており、一年間を通してかかる費用は、たったの5ポンド!
毎回、パックジュースとチョコレートバーが、おやつとして至急されます。
その上、ポップコーンの代わりとばかりに殆どの子が、ポテトチップスの小袋を持ってくるそうで、子どもにとっても天国のようなクラブ(苦笑)

フィルムクラブで上映される映画は、娘の学校のクラブの場合は、ボランティアリーダーのお母さんの独断と偏見で(苦笑)、教育観点から、選んでいるそうです。
単にエキサイティングな話題性のある娯楽映画ではなく、映画史に残る古い名画なども含めて、良質なものが選ばれます。時には、2本立てで、一本は短い白黒フィルム、サイレントムービーを上映することも。

娘が今までにこのフィルムクラブで観た映画は

・メアリー ポピンズ
・Famous 5(白黒)
・チャプリン(白黒 サイレント)
・黒馬物語
・エルフ -サンタの国からやってきた
・センター・オブ・ジ・アース(地底物語)
など。


映画上映といっても、学校のホールで上映するといっても、最近のテクノロジーの発達で、大きな映写幕とプロジェクター、プロジェクターとPCを繋げられるシステムさえあれば、DVDレンタルで済ませられそうなものですが、このフィルムクラブは、イギリスのチャリティ団体として運営されている<リンク:http://www.filmclub.org/>「Film Club」に所属し、毎回、上映用のDVDもこの団体から貸与してもらうのだそうです。

また、このクラブのいいところは、上記の<リンク:http://www.filmclub.org/>「Film Club」から発行されるIDでログインすると、運営されている学校ごとに設置されたレビューサイトに、子ども自身がレビューを書くことができるようになっています。
同じ学校の子どもが書いたレビューも読むことができます。


「学校で楽しく映画を観る」というアクティビティひとつをとっても、このような形で運営されていることを知り、イギリスの教育の深さを知った気がします。

再びアイススケートに行ってきた

3年前の冬に、娘の学校に小さな仮設アイススケートがやってきて以来、毎年一度はスケートの挑戦している我が家、今年も(懲りずに!?)スケートに行ってきました。

場所は一昨年、昨年と同じ、屋内スケートリンク。

Guildford Spectrum


一昨年は、とってもやる気で、うん十年前の小学生の時以来で、小学生のレベルなりに滑れていた筈なのに・・・
2010-01-17-13-00-5273.jpg
(↑娘の手を引いて一緒に滑ってたのにー)

昨年は、すぐにスケート靴の金具のエッジが氷の表面に引っかかり、一歩踏み出しては、バランスを崩し、滑るよりもコケる方が早い・・・というか、転倒しまくり、滑れない、こんな筈では・・・・(無言;)

夫も娘も一年ぶりでも、少しずつ上達しているのに、なぜか私だけは、後退している、バランス能力が。。。


これではいかんー


せめて、小学生のレベルぐらいまでは、もどりたいーーー


ということで、昨年苦闘した、貸し靴の紐の締め方、初心者向けのスケートの滑り方(練習の仕方)の解説を、インターネットで調べて、予習してから、行ってきました(苦笑)


ICESKATE.JP イラスト解説がわかり易い、基本の氷上での足の運び方

KunadonicSkate 靴紐の結び方から、丁寧に解説

スケートの滑り方を動画で紹介


結局、娘(7歳半)は、15分間×2回のペンギンエイドで、すっかり自信をつけ、その後はふらふらながらも、自分でバランスを取って、ふらふら歩きながら多少滑れるようにもなり、

娘に付き添いの夫は、たった一度しかこけず、ゆっくりながら、前進には問題ナシ、娘の手を引くこともできるようになり、



私だけが、2時間半、てすりを 磨いていました・・・・(苦笑) 

でも一度もこけなかったしっ(何かあっても手すりのすぐ近くだからね)

一応、氷の上にハの字で立てるようになったしっ(大人だろ!)

一応、氷の上で歩けるようになったしっ(昔は出来ただろっ!)

一応、すこーしだけ、ゆっくり前進できるようになりましたっ(それでも一昨年より下手なんだよ・・・)

我が家のスケート修行はまだまだ、続く・・・!?


大人向けのペンギンエイドを置いてくれるスケートリンクが現れないかな~~~

penguin-stability-aid.gif

アクセス解析
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。