スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校でボランティア

娘の通う小学校で、週二回、ボランティアを始めました。
こちらでは、父兄が子どもの学校のお手伝いをする際には、Parent Helperと呼ばれます。

今までも、娘のクラスや学年で折り紙を教えたり、一年生の時の担任だった、J先生のクラスにたまに行っては、お手伝いをしたりしていたのですが、今回のはちょっと真剣。

何故なら、9月から、地域のAdult Educationが主催する、Teaching Assistant(補助教員)のコースに行くことにしたからです。

週一回、9時半から14時半までコースでレクチャーを受けますが、それ以外に、週12時間(9時から3時までで週2日)、有給・無給を問わず(といっても有給で雇ってくれるところがあるなら誰もコースに来ないと思いますけど 苦笑;)、実際に小学校で働いて、実地経験を積むことが要求されます。

「働く」といっても、何の資格も経験もないので、やることは、先生に言われたことだけ、実際のTeaching Assistantの下働きだったり、雑用だったりしますけれど(笑)


娘のクラスで他のお母さんが同じコースに行っていたので、コースを取るためなら、クラスに割り振って下さることも知っていたので、私も、学校の教頭先生にお願いして、入れて頂きました。
教頭先生からオファーされたのは、これまで工作のお手伝いをしてきたJ先生のクラスでした♪ なんてラッキー♪

(先生方の中には、今の担任+TAでうまく回っているのでヘルパーを入れたくないタイプの先生も居ると思います、J先生はおおらかなので、他人に仕事を割り振ることも平気で、parent helperを歓迎してくださるので、居心地が良いのです)


実際にクラスのお手伝いを始めて3回目の今日の仕事は、

・子どもがコンピューターで描いたお絵かきのプリントアウトを、余白を残してカットし、黒台紙に貼り付け、さらにその台紙を余白を残してカットして、額縁状にする(マウントと呼んでいます)。

・算数の授業中、子どもの見張り(笑)6歳前後の子どもたちですから、進んで集中して、勉強するわけではありません、声かけ、必須(苦笑)

・アートの時間のお手伝い(今日も絵の具を使ったので、その後始末とか;)


面白かったのは、RE(宗教)の時間。
「ノアの箱舟」のお話のアニメーションを、教室の電子黒板で見て、それを先生が8場面に分けて、キーとなる絵をごくごく簡単に描きます。
子どもはそれを真似て、1~8場面の絵を、ノートに書いて、色を塗るのです。

そのほかにも、小さな雑用をしています。

朝、教室に入ったら、たいてい担任の先生の朝食(シリアル)の使用済みボウルがあるので、教室内のシンクで洗ったり(笑)
2年生まではおやつとしてフルーツが出るので、りんごやナシだったら、軽く水道でゆすいでザルに入れておいたり。
筆記用具も2年生までは、教室で共用のものを使うので、鉛筆・色鉛筆を削って置いたり。
先生が必要とするワークシートのコピーを取ったり。

TAって、担任の先生の秘書みたいなものなんですかねぇ。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。