スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The National Gallery

1月にロンドン動物園遠足、6月に消防署見学があったので「もう2年生での遠足はないのかなぁ」と思っていたら、7月に入った学期末直前にお知らせが。


『2年生は、ロンドン地下鉄に乗って、National Galleryに行きますよよー」

そして恒例の若干名の「付き添い父兄募集」も。

私はロンドン動物園遠足に行ったので、今回の抽選は外れたのですが、内々に先生に打診をして「自分で交通費を出して」「後ろからついていく」ことにしました。 


目的地のNational Galleryでは、クラスごとにキューレーターがついて、いろんなジャンルから選ばれた3~4枚の絵を見ながら、説明を聞きました。
単に説明を聞くだけでは、7歳の子どもたち、飽きちゃいますから(苦笑)、そこは子ども向けに工夫して、子どもの目線で、分かりやすいように、絵の中に描かれているものに関して、子どもたちに質問しながら、子どもからの質問を受けながら、進めていました。

私も後ろで聞いていましたが、田園地帯と牛が描かれているような、普段なら通り過ぎてしまうような地味ーな絵(風車があるのでオランダと思われました)でも、
Aelbert Cuyp - The Large Dort


キューレーター 「女性たちは何をしているの?」 
子どもたち「ミルクを絞っている」 (偏らないように手を挙げた子の中から指名していました)

キュ 「絞ったミルクを入れる入れ物に取っ手がついているのは何故?
子  「もちやすいから」
キュ 「絵の奥の方、遠くに街が見えますね、あそこに売りに行くんでしょうね」

キュ 「絵の中にどんな動物が居る?」「人も見えますね」(牛以外遠近法の為小さく描かれていました;)
子  「牛!」「犬!」「羊!」

キュ 「絵の中に居る人たちのの職業は?」
子  「牛を飼う人」etc
キュ 「犬の近くに居る人は、羊飼いですよ、犬は牧羊犬ですよー」
キュ 「大きなフォークを持っているから、この人は農家の人ですねー」


こんな感じで、一枚の絵に描かれているものを、細部まで読み取り、絵の中のストーリーを頭の中で想像できるように、導いていってくれます。


果たして、わたしたち、自分たちが小学校時代、こんな風に「絵を見る」ことを教わったでしょうか?

実際に美術館で、画家の有名・無名(美術館にはあれど、美術専門の人でないと知らないような画家という意味です)を問わず、「絵の中を楽しんで見る」ことを教わったでしょうか?

<絵が上手>
<人気がある>
<有名>


中学生、高校生くらいになると、先ずは、上記がポイントではなかったかしら?

小学校の図画工作の教科書では、サンプルとして写真が載っているのは、どこかの子どもが作ったり、描
いたりした作品です。
私自身、正直なことを言えば、教科書に載っているサンプル写真や絵を見ても、何がいいのか?うまいのか?よく分からなかったんです、好き嫌いで言えば、好きじゃないような作品も多かった。

社会科見学はあるけれど、美術館に行ったことは無かったです(田舎にはそもそも美術館って少ないからねっ;)
年齢に応じた実力のサンプルもいいのですが、小さいうちから、美術館で有名無名の巨匠の絵を「楽しんで見る」ことを教わる機会があるなんて、ロンドンの子どもたちは、やっぱり羨ましいーーー!

遠足ではたった3枚の絵しか見る時間が無かったので、後日夏休みに入ってから、二度ほどNational Galleryに足を運びました。

Trafalgar Squareのまん前ですから、絶好のロンドン観光ポイント! だったりします。
2011-08-10-0004.jpg


The Making of the ‘Living Wall’
ゴッホの作品を、植物を植えることで表現しているそうです。
gogh-wheatfield-cypresses-NG3861-ft.jpg


壁に実際に植わってるんですよー、びっくり!!!
2011-08-10-0002.jpg

遠足の道中に関しては、次の記事で。

やたらとイギリスの小学校や父兄を誉めるろくろくですが、「これはいかんやろー」ってことも多々あります(苦笑)

スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

British Museum

夏休みを利用して、British Museumに行ってきました。
2010-07-30-12-28-3316.jpg

目的は、娘にエジプトの展示を見せてあげること。
なんせ、エジプトの聖文字(ヒエログリフ)の解読に貢献したロゼッタストーンを擁する大英博物館ですから。
世界史の教科書に出てくるんですからっ(ミーハーですね;)


しかし、この大英博物館、実は日本関連のお部屋もかなり充実していて、素晴らしいものがあるのです。
まずはそっち・・・・と思ったら、がーん、江戸時代に使われていた時計は修理中でした(ガックシ)

とりあえず見て周り、お次は、ミイラ部屋。

ミイラ部屋は細長い部屋が3部屋ほどつながっていて、エジプト関連の展示、特に、ミイラやそれが入っていた棺、副葬品、副葬品の猫のミイラなどが展示されています。
ミイラ部屋はいつも見学者でいっぱい。
私もさほど詳しくはないので(小中学生のときに少しはまって本を読んだくらい)、子どもと一緒に、棺おけ見学をしたくらいです(苦笑)
しかも、ミイラが居るところはバチが当たりそうで怖いので、写真は撮っていません。

人ごみに疲れたのか、娘が「頭がいたいー」と言い出したので、早々に退散。

とりあえずグレートコートに出て、
2010-07-30-12-58-3832.jpg
2010-07-30-12-58-4533.jpg

ランチタイム(グレートコートには、セルフ方式のカフェがあります)。

お昼を食べ終わった後も、頭痛は続いていたのですが、今回の娘にとっての一番の目的は「エジプト」ではなく「お金」の部屋だったので、それだけは見てから帰りたい!と主張、、、頭痛よりもお金かいと呆れる母。

しかし、ラッキー!なことに、ちょうどお金の部屋では「Hands On」のアクティビティ中。
実際の展示物を子どもに触らせてくれるのです。
2010-07-30-14-22-0637.jpg
世界の古-い変わった形のお金たち。
日本の古銭もありました。
写真で娘が手にしている細長い金属も、お金なんだそうです。
財布に入らないじゃん(笑)

お金の部屋はこじんまりとしていて、期待していた超大昔の、石のお金・貝のお金の展示は少なかったのですが、娘さんは、いろんなコインを見て、しかも触る機会に恵まれて、大満足だった模様です。
頭痛も吹っ飛ぶくらいに(苦笑)

頭痛が治まったので、もうすこし引っ張って、エジプトにちなんで、ロゼッタストーンを見たり
2010-07-30-14-44-2238.jpg
(ここもすごい人で、正面からちゃんと写真を撮るどころではなかったです;残念;)

他の石像や石棺を見たり。
2010-07-30-14-50-2539.jpg
私がロゼッタストーンについて知っているのは、フランスのナポレオン時代のシャンポリオンという若き学者がロゼッタストーンからヒントを得てヒエログリフを解読したこと、その解読の契機となったのが、王様の名前を囲んだ楕円のカルトゥーシュだったことくらい。
娘にも「ほら、この丸で囲んだところが王様の名前なんだってー」と教えたんですが、そしたら、あっちやこっちやの石棺に、囲んだ楕円を見つけるたびに、「かあたん!王様の名前!!!ほら、ほら!」と叫ぶ、叫ぶ・・・(トホホ)


私が大英博物館で一番好きなのは、エジプト部屋でもギリシャ・ローマ部屋でもなく、実はこの小さな細長い地味ーな「アッシリア部屋」です。
2010-07-30-14-52-2941.jpg

レリーフがとにかく素晴らしい!!!

アッシリアの人々は、どちらかといえば、芸術よりも平和よりも、戦争が得意だった印象があります。
展示されているレリーフも、戦車で兵士たちが行進していたり、戦地より敵の首を下げて凱旋してきたところだったり、捕虜を引き連れている場面だったりするわけですが、

2010-07-30-14-52-4442.jpg
2010-07-30-14-55-5245.jpg
2010-07-30-14-56-4147.jpg

エジプトの壁画やレリーフよりも、素朴かつ躍動感のある感じが、とっても好みです。

2010-07-30-14-59-2555.jpg

しかし、アッシリアの人って、みんなこんなにもじゃもじゃのヒゲを髪よりも長く伸ばしていたんでしょうかねー!???

2010-07-30-14-59-3557.jpg


あんまり見てませんが、子連れ移動では、ここいらヘンでタイムアップ!
ショップでロゼッタストーンを模したマグネットをお土産に購入して帰途に着きました。

2010-07-30-15-37-1368.jpg
ロンドンらしいこんな街の風景も、数年後には懐かしい思い出になっているのかなぁ。。。



ところで、自宅に戻ってから、気になったというか気付いたんですが、娘の一時的な頭痛って、(霊が)見える人は大変なことになるという噂がまことしやかにある「ミイラ部屋」のせいだったの・・・・かも!?

以前「一家で見える」という方がミイラ部屋で姿が見えない人たちの話し声を聞いて大変だったとか、他のおともだちで、お子さん自身はその部屋がミイラ部屋だと知らない筈なのに「あの部屋には絶対に入りたくない!」と拒否した話を聞きまして、、、もしや、もしや!?と背中がぞくぞくしていたろくろくでした。

(娘の頭痛はお金の部屋で治ったので、何かついていたとしても、お金の部屋に置いてきちゃったんでしょうけれど 笑)

霊感の強い方、小さいお子さんは、ミイラ部屋、要注意かもしれませんね。
わたしは、鈍感な方らしく、なーーーーんにも感じませんでしたが。
(恐山は怖かったけど;)

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

アクセス解析
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。