スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルマンケーキ

以前にも一度、お友達からタネ(おそらくサワードゥ)を分けてもらい、ケーキを一度焼いたことがあったのですが、再度、今度は学校の日本人ママの間に「ヘルマン・フレンドシップ・ケーキ」のブームがやって来ました(笑)

貰ったはいいけど、育てても、イースターホリデー中だし、興味のある人も少なそうだし、
なにより手順としては「タネを渡した翌日に焼かなくてはいけない」という決まりなので、

誰にもあげられない~~~(苦笑)


このタネは

・貰った翌日に、全分量をケーキの材料として消費するか
・再び、10日間育てて、増えたタネを4等分して、1等分をケーキに、1等分を自分キープに、残り2等分をお友達におすそ分けするか

選べます。

選べますが・・・おすそ分けするお友達がいなかったりすると、なんだか悲しい気分になりますね(自爆);


さて、今回は、とりあえず10日間、育ててみました。

お世話は毎日一回かき混ぜる、4日目と9日目に、それぞれ小麦粉・砂糖・牛乳を1カップずつ足す。

これだけなんですけどね、2回に渡り足す砂糖の量2カップって、結構すごい量よねん;
(イースト菌が砂糖を餌として食べていくので、全部がケーキのカロリーになるわけではありませんが)


で最終的に出来たタネのうち1/4しかケーキに使わんわけで

その後増やすにしても1/4を置いといたらいいわけで

おすそ分けする人が居なかったら、2/4=1/2は捨てる運命;

なんだか、悲しい気分になってしまう、我が家のフレンドシップケーキでありました(苦笑)


おともだちは、フレンドシップケーキのタネの育て方とケーキのレシピをくれたので、そのレシピ通りに、生地を作ってみました。

混ぜるだけ。

バターは使わず、サラダオイル使用のヘルシー派。

でもケーキを作るときも砂糖1カップでっせ~、すごい砂糖の量だ;;;

DSCN0901.jpg

170度で45分焼き上げて、こんな感じに。

DSCN0904.jpg

実は、私は砂糖半分、りんごの量も半量ぐらいで、焼いております。

もう一回分焼いて、冷凍するかなぁ。。。


ずっとタネを育てている人が近くに居れば貰えるチャンスもあるので、気軽におしまいにできますが、なかなか貰えないものだと、使い切ったり処分するのが、惜しくなります。

でも、もともと最初は、だれがどうやってタネを起こしたのかなぁ?とインターネットで調べてみたんですが、日本語の情報は少なかったです。
おひとりだけ、クックパッドで、タネの起こし方を紹介している方がいて、それは結局ドライイーストか生イーストを使う方法でした。

アメリカでも似たようなケーキがあり、それは「アーミッシュ・ブレッド・ケーキ」と呼ばれているようです。
アーミッシュのお友達が居なくても、アーミッシュの製品が買えるホームページで通販で、スターターセットが買えるみたい。
それもスターターはイースト菌みたいなので、

「その気になったら、タネも起こせる」ということがわかった時点で、我が家はヘルマン君は、しばらくお開きに。。。

育て続けるのも、砂糖の消費が半端じゃなくて大変ですからっ;;;
スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

美味しいシュトーレン

9月の新学期以降、なかなかパンを作る時間が得られないでいたのですが、今年こそはドイツのクリスマスケーキ、シュトーレンを作るぞ!と10月半ばに、ドライフルーツをラム酒に漬け込んでおきました。

使ったのは簡単にMixedドライフルーツ(1kg)ですが、私はオレンジピールの独特な苦味と酸味の爽やかさが大好きなので、オレンジピールを足しました。
ドライのアプリコット、Fig(イチジク)、クランベリーなどを足してもいいようです。
刻んだナッツを入れるレシピもありますが、シュトーレンは好みで、フルーツの洋酒漬けと同じタイミングで、ナッツを入れることもできるので、ベースの洋酒漬けからは割愛。

Mixedドライフルーツはオイルコーティングされているものが多いようですが、ざるにあけて熱湯を注いで、オイルを落とて、水分をよく切ってから、お酒(ダークラム/ホワイトラム お好みで)に漬けます。
オイルコーティングを落とさなくとも作れますが、お酒に漬けておくと表面に油脂が浮き上がってきて、見た目が悪い・・・ということのようです。

2011-12-24-0001.jpg

(水分が残ってカビると困るなぁと心配で躊躇していましたが、今年初めてで、コーティングを落とす方法でやってみて、遜色なく作れましたので、何年も保存するので無ければ大丈夫そうです)

ドライフルーツの洋酒漬けの作り方を紹介しているサイトが参考になるかと思いますが、、、洋酒を使う量が半端ない(汗;)

私は洋酒の量はもっと少なめで、瓶をフタをして振って、全体にお酒が回ったかな?と思われるくらいしか使っていません、ダークラム使用で、はちみつ大匙1足しました。

大容量のオトクな業務用製菓材料!'ドライフルーツミックス1kg(業務用)【特別お取寄せ】【大...


シュトーレンの作り方(レシピ)は、クックパッドのコチラを参考にしました。

一度、発酵生地を作ってから本捏ねをするので、時間はかかります。
発酵時間長めとある通り、少しふっくら目に仕上げるので、柔らかさが出て、とても美味しいです♪

「参考」と書いたのは、レシピにあるような「フランスパン用粉リスドール」とか、耐糖性ドライイーストとか、カルダモンとか、アーモンドソライスが無かったので、あるもので代用したり、練りこむバターも有塩を使って、塩を足さないとか、発酵時間などもおおよその目安で、実際には生地を見ながらで、細部までは守っていないからです(苦笑)
焼き上がりに塗る無塩バターも溶かさずに、バターの塊を直接焼きあがったシュトーレンに擦り付けてました(爆)、溶かしたバターのバスに入れるなんて、バターが大量に必要ですものね;

手捏ねする根性も無いので、ホームベーカリーの生地作りオプションと天然酵母起こしの発酵オプションのお世話になりました。


<覚書>
※発酵生地
Strong Flour 75g
Plain Flour 125g
ドライイースト 15g
ミルク 100g
全卵 75g

※本捏ね
Strong Flour 100g
Plain Flour 100g
砂糖 70g
バター 175g
ミルク 大匙1

ドライフルーツの洋酒漬け 200~300g
ナッツ(軽くローストして刻む)
スパイス(オールスパイス&シナモン&ナツメグ もしくはモルドワインスパイスミックス)


保険にと、TESCO FINESTの缶入り巨大パネトーネも買っておいたんだけど、
2011-12-24-0017.jpg
自画自賛になりますが、正直、シュトーレンの方が美味しかったです。

しかし、私の悩みは、二次発酵中に成型後の生地が、だらーんと横に広がること・・・。


パネトーネもパネトーネカップが手軽に手に入ったら、作るんだけどなぁ
しかし、イギリスには日本のように気の利いた製菓材料通販サイトなんかないしー

と思っていたら、EbayUKでマフィンケースと兼用の小さなパネトーネカップを見つけました!

時間が出来たら、再挑戦してみたいです。。。

→以前のパネトーネ作り挑戦トホホ記事は、コチラ

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

ミンスパイを作ろう 

イギリスのサンタさんは Father Christmas と呼ばれています。
そしてイギリスではサンタさんは「ミンスパイが大好物!」とも言われています。

学校のフェアやショッピングセンターにやってくるサンタさんにまで、ビスケットの代わりに「ミンスパイを用意しておいてね」と言われるもので、娘もすっかり、「サンタさんにはミンスパイを用意しておかなくてはいけない!」と信じきっております。

両親にとっていささか不都合なのは・・・市販のミンスパイはどれもこれも、いまいち美味しいと思えないこと。
私たちのどちらもミンスパイが好きではありません、濃厚で、ねっとりとしたジャムだかなんだかよく分からないものが詰まっている、ミンスミートナシだったらOKなのにぃと常々(苦笑)

サンタさんが食べるのはせいぜいひとつか二つ、市販のミンスパイは最低でも6個、8個入り。
格安品を選べばさほど高いものではありませんが、食べないものにお金を使うのは勿体無い。

葛藤の挙句、結局手作りすることに。
シュトーレンに使ったドライフルーツの洋酒漬けが余ったので、ちょうど良かったし。

2011-12-24-0021.jpg

ミンスパイの生地を作って、冷蔵庫に数時間~一晩、寝かせて置きます
レシピはコチラを使用させて頂きました。
ショートクラストペイストリーはコーニッシュパステイにも使われるようですが、コーニッシュパステイの生地には卵黄が入らず、素朴でどっしりした感じです。このレシピは卵黄が入るリッチな生地でどちらかといえばタルトやミンスパイ向けのリッチな生地のようです。

<材料>
18cmのタルト型一台分ですが、これでマフィン型を流用したミンスパイが6個出来ました
薄力粉 100g
バター  50g
グラニュー糖 5g
塩 2g
卵黄 一個分
冷水 18g

<ミンスミート>
シュトーレンに使った残りのドライフルーツの洋酒漬け 
リンゴ1個を刻んだもの 
上記をよく混ぜて耐熱皿にいれ、アルミホイルで覆い、120度のオーブンで1時間
(途中で混ぜ返す)

いくつかのミンスパイのレシピを見ましたが、煮たリンゴが入ったレシピが多かったです。
だからミンスパイは甘ったるいねんね(納得)、シナモンの香りとリンゴは相性もGood!



ミンスパイやタルト用の型は持っていないので、マフィン型を流用しました。

パイの下の容器になる部分、上のフタになる部分、どちらも円形のペイストリーカッターで丸く切り抜きます。
イギリスではこんな↓セットになった、ダブルエッジ(直線にも波線にも切り抜ける)のペストリーカッターのセットが売られています、私はスコーンの型抜きに使用する為に購入したのですが、ここで使えて良かったー。


マフィン型はタルト型よりもかなり深いので、大きめに丸くカットしたペストリー生地を心持ち伸ばし気味に、縁をFitさせながら入れ込んでしまいます。

刻んだリンゴを加えて加熱後覚ましておいたミンスミートを入れます。

そして、入れ込んだ生地の円にフィットするように、フタになる部分のペストリー生地を切り抜いて、ミンスミートの上に置いて(よく溶いた卵液を縁に塗って密着させるそうですが、卵液少量を作るために卵ひとつを割るのが勿体無かったので、省略、水を少しつけただけ;)、星型の生地を飾りました。

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。