スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃん用メリー(モバイル)をお部屋のオーナメントに作り変え

7歳になっても、ベッドサイドの赤ちゃん用メリーが、大事すぎて手放せなかった娘さん。

さすがに、学校のお友達が遊びに来たときとかに「バツが悪いだろう・・・?」と母は思うのですが、それでもどうしても手放せないそうで、、、


お古としてお下がり/チャリティに出すのは諦めて、お部屋のバナーとして飾れるように、作り変えてあげることにしました。

「イギリスの赤ちゃん本舗」のような存在(といっても、日本のお店の品揃えの豊富さ、便利商品の多さには、ぶっちぎりで負けますが;)、Mothercareの、ごくごく標準的なモデルだt
たんですが、

産まれて初めて見た、両親以外の「動くもの」がコレだったから、そんなにこだわるのかしらね~!???

DSCF1500_convert_20120412222933.jpg


動物たちとお星様を切り離し、オルゴールを吊るしている部分は、そのまま残して、昨年の夏に作った、紙製のランタン+LEDライトをくっつけて、まだ使います(苦笑)

動物たちは、等間隔に並べて、リボンに縫い付けて・・・
2012-03-31-11-44-18_1811.jpg

こんな感じになりました。
2012-03-31-11-43-54_1809.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 育児・子育て
ジャンル : 日記

Happy Christmas!!!

めんどくさい、めんどくさい、とぼやきながらも、今年もいろいろ手作りしました。

2011-12-24-0021.jpg
2011-12-24-0001.jpg

2011-12-24-0004.jpg
2011-12-24-0003.jpg

イギリスのクリスマスは25日にクリスマスディナー(ランチ)でお祝いします。
26日もBoxing DAYでお休み♪

学校も三日までお休みなので「ゆっくりしようー」と言いたい所ですが、主婦に休みはナシ・・・;

紙粘土で写真立て

ビーチ(海辺)へのホリデーや一日遠足で、拾い集めた貝殻がずいぶんと溜り、箱いっぱいになってきたので、貝殻で何か作らせることにしました。

昨年コチラの育児ブログで拝見して気になっていた<紙粘土で作る写真立て>に挑戦。

Wimbledonには、Fieldersという画材屋さんがあり、ちょっと高いのを我慢すれば、いろいろな工作材料が揃います。
買ってきたのは、

紙粘土 (DAS というメーカーのもの。日本の紙粘土と比べると灰色がかっていて、いかにも「紙を溶かして作りました!という質感ですが、これしか見つからないので、仕方ありません;)

アクリルペイント (ホームセンターにニスやラッカーを探しに行くのが面倒くさいので、ブルーメタリックのアクリル絵の具を購入しました)

写真立て チャリティショップで、IKEA製の木枠の写真立て2つ1ポンドで、Get済み。


出来上がり↓写真はこんな感じです♪

2011-08-04_0019.jpg

(1)紙粘土で周囲の枠の部分を覆い、
(2)貝殻やビー玉、ビーズなど、好きなパーツを埋め込み、

2011-08-03_0010.jpg

(3)紙粘土が乾いてから、アクリルペイントで色を塗って、完成。
2011-08-03_0012.jpg

今回は、詳細に手順通りに写真を撮ってみました↓

続きを読む

テーマ : 夏休み
ジャンル : 育児

イースターエッグデコレーション

昨年のコンペティションで下級生部門Winnerになった娘さん、もとい我が家の作品(苦笑)

今年もは更に対策に挑戦しました。
テーマは「ロイヤル・ウェディング」

2011-04-09-10-14-0102.jpg

昨年の上級生には大きなセットを建てている子どもが目だったので、うちのも3倍にしてみた(笑)

ダイアナ妃とチャールズ皇太子の結婚写真や動画を見て、子どもにも見せてイメージを盛り上げ、教会の建物は挙式が予定さえれているウェストミンスターアビーのファサード写真を参考にしました。

2011-04-09-10-14-3203.jpg
エリザベス女王は娘作
プリンスフィリップ(女王の夫)は母作

Queen's Birthdayでの閲兵式の服装か何かを参考にしたので、フィリップ殿下は衛兵の親玉みたいな衣装になっております(笑)

花嫁さんの衣装は、ケーキのレースペーパーで、90%が娘さん作、丸い卵にフィットさせるのが難しいので手伝いました。
ウィリアムの衣装は燕尾服に見せるように作ってみたけど、難しいー、こちらは母作。
2011-04-09-10-15-3505.jpg

かなり手伝いましたが、私の目的は「プロジェクトをいかに完成させるか?」を教えることにあり、
今回は花嫁さんのドレスのデザイン画や、ウェストミンスターのファサードの絵を先に簡単に書かせてみてから、取り掛かりました。
箱をくっつけて、切ったり、貼ったり、色を塗ったり。

「この経験を生かして、来年以降は自分でしてね」 と言ってみたけど、「でーーきなーーい」と即答でした。

夏休みの自由研究を手伝う親の気分(苦笑)


娘さん(と私の)作品は、今年は下級生の中で、Runner Up=2位でした。
良かった、よかった。

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

Home made MISO

そういえば昨年は味噌を仕込みました。

過去の記事はコチラ→☆とコチラ→★

配合などはその年によりますが、昨年は乾燥米麹の袋に書いてあった分量を守って、やたらめったら減塩せず・麹に対する大豆の割合もすこし増やしたぐらいです。
麹の割合が多いと甘い食べやすい味噌が出来ます。

開けてみると、いい感じで水(?)が上がっています。
2010-07-19-17-21-57325.jpg

が、、、この下に、昨年はけっこうしっかり目に塩蓋をしたのでした、しかもビニール袋に入れないで;;;
分量の塩の一部を使うことになっているのに、しっかり全部の分量の塩(しかしやはりちょっと減塩気味)をぶちこんだので、更に塩・・・減塩ちゃうやんーーーー(悲鳴;)

でもカビるのはイヤーだし、過去、塩蓋はうっすら、重しはビニール袋に入れた塩でやってみても、ビニール袋の上の部分とかがちょっとカビているときもあったので、今年はビニール袋は不使用を貫きました;
2010-07-19-17-23-25328.jpg

今年の夏は6月ごろがしっかり暑かったので、ちゃんと発酵していた模様です。

2010-07-19-17-25-15331.jpg

開けてかき混ぜた直後のを試食してみたら、やはり「塩蓋」の分余計な塩分が混ざって、かなーーーりしょっぱい(涙;;;)味噌になってしまったのですが、一部取り分けて2週間ほど冷蔵庫に入れてあるのを最近試食したら、ちょっと塩気がマイルドになった気が・・・気のせいかもしれませんが。

慰めは、焼きおにぎりの味噌としてはちょうどいい感じでした。

試食以外の大部分はビニールジプロックに入れて、再度寝かせているので、もうちょっとこなれてくることを期待したいと思います。

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。