スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Veg Garden in my FrontYard

猫の額の前庭に、GrowingBag(野菜用に腐葉土+肥料が入った横長の袋)を並べて、野菜を育てています。
うちの前庭は、西向きなので、西日の射す夏場は野菜の生育にピッタリ!
(反対に裏庭の石敷きのポーチの部分は朝しか陽が当たらないのですは 涙;)

こんな感じに茂っておりますっ。
2010-07-25-12-09-3607.jpg

Cucumber お友達から苗を分けてもらったきゅうり
2010-07-25-12-09-0705.jpg

Courget ズッキーニ 花を天麩羅にしたいので、Growing Bag2袋に苗6本(種から育てました)。
2010-07-25-12-10-0508.jpg

Mini Tomatoes プチトマト 先は長いです、ぜーぜん赤くならないしっ;;;
2010-07-25-12-08-3603.jpg

アップ写真がありませんが、ズッキーニの右横には、French Beansインゲン豆を植えています。
イギリスで買うインゲン豆は、遠くアフリカなどから旅をしてくるので(笑)、そのせいか、とっても皮が固い;;;『ゆでてもゆでても固い』・・・だからイギリス人は野菜を何十分もゆでるのか!?と思えるほどです。
娘はインゲン嫌いになってしまいました。
しかし、自家製インゲンは、軽く塩茹でにしただけで、ジューシーでとっても美味しい!
娘は自家製インゲンに限っては、インゲン好きになりました。

わたしも「インゲンってこんなに美味しかったんだー!」と新たな発見です。
ちなみに自家製ズッキーニも、スーパーで買うよりも2ランクほど美味しい気がします♪
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

旬の味、家庭菜園の味 その2

「旬の味、家庭菜園の味」ポストでご紹介した、猫の額の前庭菜園の様子です。

ズッキーニ、GrowingBag(野菜用の腐葉土の入った縦長のビニールバッグ、横たえてカッターで穴を開けて、露出した土に苗を植えて野菜を育てることが出来ます)を買い足してきて、また3株ほど植えつけました、苗は種から発芽させたものを双葉からさらにもうひとつズッキーニらしい葉っぱが出てきた状態のもの。
2010-07-14-13-44-0621.jpg

若いズッキーニの苗に竹を差し込んでいるのは、支えのためではなく、の猫から守るため;;;
昨年から若い♂猫を飼い始めた お隣さん、猫は可愛いんですが、露出した腐葉土をトイレの為に掘るんです(涙;)、おかげでトマトの苗2本、ズッキーニの苗1本が枯れました;;;

猫とかリスとか掘るヤツが居るんで、若い苗のうちは油断できません;;;


こちらがFrenchBeans(インゲン豆)、左側のは現在収穫中、右側のは現在生育中。
それぞれ3株ずつありますが、左側の三株はうち一株、誰かに引っこ抜かれて枯れてしまいました、前庭ってこういうことがあるんですねぇ(溜息;)
2010-07-14-13-44-3622.jpg
豆類はナメクジ・カタツムリの大好物!!!
インゲン豆も最初の双葉からすこし大きくなった頃に危うく餌食になりかけましたが、幸い発見が早く、カタツムリ&ナメクジキラーのペレットを周囲に播いて退治してからは被害に遭っていません。

我が家の裏庭は、ラベンダー&薔薇&etcの茂みがカタツムリ(&ナメクジ)の巣窟なので、野菜を育てようものなら格好の餌食、、、そういう点では、緑が少なくカタツムリの少ない前庭の方が適しているようです(笑)

2010-07-14-13-44-5023.jpg
量は少ないですが、こんな風に1,2日ごとに数本のインゲンが収穫できます。
スーパーで売っているインゲン豆は、アフリカとかくんだりから運ばれてくることが多いので、そのせいかどうか分りませんが、ゆでてもゆでても 固い!!!
塩をまぶして30分ほど置いた状態で茹でてようやく胡麻和えに使えるぐらいの固さです、子ども受けは最悪;;;
しかし家で取れたインゲン豆はゆでただけでほくほく美味しいので、子ども受けは最高!、インゲン嫌いの娘がようやくインゲンを食べてくれるようになりました。
我が家はズッキーニやズッキーニの花と一緒に、天麩羅で頂くことも多いです♪

ズッキーニといえば・・・
前回ポストしたときには知らなかったんですが・・・

ズッキーニは受粉させなくては大きくならない!!!


ご存知でした?
最初のズッキーニの実が花が終わったあとにしぼむように小さくなってしまったので、がっかり;;;
で、いろいろネットで調べているうちに分ったのが、上記の事実↑でした。

確かに雄花と雌花があるんだから、役割が別々にあるんですよねぇ。

ただ受粉を助ける蜂が問題、いえ、蜂は我が家の前庭に咲くラベンダー目当てに毎日飛んでは来ますが、それにしても、花の寿命はたったの半日(朝だけ)、その間に雄花・雌花、両方の花が咲いていなくてはならない、しかしうちにあるのはたったの3株、しかもそのうち雄花はなるべく花が開く前に収穫したい(花が開いたら虫や蟻が入ってしまう、開かないうちに摘み取って天麩羅にしたい!)、、、ということで、結局、人間が受粉を助けることに・・・(苦笑)。

毎朝、雌花・雄花の大きさをチェックして、花が咲きそうなものは、雄花→摘み取り、雌花→受粉作業をやっております(笑)
つでにいえばBlackFryはズッキーニが大好き!!!
はっと気がつけば花に真っ黒にたかっている~(涙;)
こちらは、せっけん水をスプレーして対応しています
夫に言わせると「農家みたいだね」だそうで・・・。

こんなしちめんどうくさいズッキーニよりも簡単なのが胡瓜!

同じ瓜科でも、こちらは受粉の必要がないそうで、放っておいても胡瓜ができます。

花が咲いた!!!
2010-07-08-09-03-0016.jpg
花の下の太めの茎(写真では見えにくいですが)が既にミニきゅうりです

花がしぼむとトゲトゲに見えた太い茎がさらにどんどん膨らんできて・・・
2010-07-14-13-45-3225.jpg
おぉ、キュウリだ!!!

プチトマトも、順調に生育しております♪
2010-07-14-13-45-1224.jpg
こちらはまだまだ時間がかかるかなぁ。。。

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

アクセス解析
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。