スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルマンケーキ

以前にも一度、お友達からタネ(おそらくサワードゥ)を分けてもらい、ケーキを一度焼いたことがあったのですが、再度、今度は学校の日本人ママの間に「ヘルマン・フレンドシップ・ケーキ」のブームがやって来ました(笑)

貰ったはいいけど、育てても、イースターホリデー中だし、興味のある人も少なそうだし、
なにより手順としては「タネを渡した翌日に焼かなくてはいけない」という決まりなので、

誰にもあげられない~~~(苦笑)


このタネは

・貰った翌日に、全分量をケーキの材料として消費するか
・再び、10日間育てて、増えたタネを4等分して、1等分をケーキに、1等分を自分キープに、残り2等分をお友達におすそ分けするか

選べます。

選べますが・・・おすそ分けするお友達がいなかったりすると、なんだか悲しい気分になりますね(自爆);


さて、今回は、とりあえず10日間、育ててみました。

お世話は毎日一回かき混ぜる、4日目と9日目に、それぞれ小麦粉・砂糖・牛乳を1カップずつ足す。

これだけなんですけどね、2回に渡り足す砂糖の量2カップって、結構すごい量よねん;
(イースト菌が砂糖を餌として食べていくので、全部がケーキのカロリーになるわけではありませんが)


で最終的に出来たタネのうち1/4しかケーキに使わんわけで

その後増やすにしても1/4を置いといたらいいわけで

おすそ分けする人が居なかったら、2/4=1/2は捨てる運命;

なんだか、悲しい気分になってしまう、我が家のフレンドシップケーキでありました(苦笑)


おともだちは、フレンドシップケーキのタネの育て方とケーキのレシピをくれたので、そのレシピ通りに、生地を作ってみました。

混ぜるだけ。

バターは使わず、サラダオイル使用のヘルシー派。

でもケーキを作るときも砂糖1カップでっせ~、すごい砂糖の量だ;;;

DSCN0901.jpg

170度で45分焼き上げて、こんな感じに。

DSCN0904.jpg

実は、私は砂糖半分、りんごの量も半量ぐらいで、焼いております。

もう一回分焼いて、冷凍するかなぁ。。。


ずっとタネを育てている人が近くに居れば貰えるチャンスもあるので、気軽におしまいにできますが、なかなか貰えないものだと、使い切ったり処分するのが、惜しくなります。

でも、もともと最初は、だれがどうやってタネを起こしたのかなぁ?とインターネットで調べてみたんですが、日本語の情報は少なかったです。
おひとりだけ、クックパッドで、タネの起こし方を紹介している方がいて、それは結局ドライイーストか生イーストを使う方法でした。

アメリカでも似たようなケーキがあり、それは「アーミッシュ・ブレッド・ケーキ」と呼ばれているようです。
アーミッシュのお友達が居なくても、アーミッシュの製品が買えるホームページで通販で、スターターセットが買えるみたい。
それもスターターはイースト菌みたいなので、

「その気になったら、タネも起こせる」ということがわかった時点で、我が家はヘルマン君は、しばらくお開きに。。。

育て続けるのも、砂糖の消費が半端じゃなくて大変ですからっ;;;
スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

ミンスパイを作ろう 

イギリスのサンタさんは Father Christmas と呼ばれています。
そしてイギリスではサンタさんは「ミンスパイが大好物!」とも言われています。

学校のフェアやショッピングセンターにやってくるサンタさんにまで、ビスケットの代わりに「ミンスパイを用意しておいてね」と言われるもので、娘もすっかり、「サンタさんにはミンスパイを用意しておかなくてはいけない!」と信じきっております。

両親にとっていささか不都合なのは・・・市販のミンスパイはどれもこれも、いまいち美味しいと思えないこと。
私たちのどちらもミンスパイが好きではありません、濃厚で、ねっとりとしたジャムだかなんだかよく分からないものが詰まっている、ミンスミートナシだったらOKなのにぃと常々(苦笑)

サンタさんが食べるのはせいぜいひとつか二つ、市販のミンスパイは最低でも6個、8個入り。
格安品を選べばさほど高いものではありませんが、食べないものにお金を使うのは勿体無い。

葛藤の挙句、結局手作りすることに。
シュトーレンに使ったドライフルーツの洋酒漬けが余ったので、ちょうど良かったし。

2011-12-24-0021.jpg

ミンスパイの生地を作って、冷蔵庫に数時間~一晩、寝かせて置きます
レシピはコチラを使用させて頂きました。
ショートクラストペイストリーはコーニッシュパステイにも使われるようですが、コーニッシュパステイの生地には卵黄が入らず、素朴でどっしりした感じです。このレシピは卵黄が入るリッチな生地でどちらかといえばタルトやミンスパイ向けのリッチな生地のようです。

<材料>
18cmのタルト型一台分ですが、これでマフィン型を流用したミンスパイが6個出来ました
薄力粉 100g
バター  50g
グラニュー糖 5g
塩 2g
卵黄 一個分
冷水 18g

<ミンスミート>
シュトーレンに使った残りのドライフルーツの洋酒漬け 
リンゴ1個を刻んだもの 
上記をよく混ぜて耐熱皿にいれ、アルミホイルで覆い、120度のオーブンで1時間
(途中で混ぜ返す)

いくつかのミンスパイのレシピを見ましたが、煮たリンゴが入ったレシピが多かったです。
だからミンスパイは甘ったるいねんね(納得)、シナモンの香りとリンゴは相性もGood!



ミンスパイやタルト用の型は持っていないので、マフィン型を流用しました。

パイの下の容器になる部分、上のフタになる部分、どちらも円形のペイストリーカッターで丸く切り抜きます。
イギリスではこんな↓セットになった、ダブルエッジ(直線にも波線にも切り抜ける)のペストリーカッターのセットが売られています、私はスコーンの型抜きに使用する為に購入したのですが、ここで使えて良かったー。


マフィン型はタルト型よりもかなり深いので、大きめに丸くカットしたペストリー生地を心持ち伸ばし気味に、縁をFitさせながら入れ込んでしまいます。

刻んだリンゴを加えて加熱後覚ましておいたミンスミートを入れます。

そして、入れ込んだ生地の円にフィットするように、フタになる部分のペストリー生地を切り抜いて、ミンスミートの上に置いて(よく溶いた卵液を縁に塗って密着させるそうですが、卵液少量を作るために卵ひとつを割るのが勿体無かったので、省略、水を少しつけただけ;)、星型の生地を飾りました。

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

マカロンを作ってみよう

ほんとに今更・・・なんですが、マカロン作りに手を出してみました。

昨年にも一度挑戦したんですが、最近流行りの、いや、すっかり定番になったツルンとした表面の丸っこいのとは、まったく似ても似つかぬ外見に仕上がり、一度諦めた経緯があります。
↑これはこれで「メレンゲ菓子」として、十分美味しかったんですがね(苦笑)

今度は、クックパッドのつくれぽ300人を達成した「絶対に失敗のないマカロン」というレシピ、作り方を忠実に踏襲しました、搾り出す大きさの型紙を作ることを除いて・・・。


はい、今度は、ちゃんと、見た目が「マカロン」です(笑)
なんとか、お見せできる形になりました~

2011-07-28_0241.jpg

中身は、チョコガナッシュを挟んであります。
メレンゲ生地にもココアパウダーを混ぜてあるのですが、ちょっと色が足りないかな?

2011-07-28_0240.jpg

今後の課題は、搾り出した時の大きさの統一と、均一に丸く広がるように、搾り出すことですかねぇ。。。


マカロンをきれいに仕上げる為には、搾り出した後の乾燥が欠かせないそうなのですが、いくら湿度の低いイギリスでも、室内で乾燥させるのは、ちょっと時間がかかりすぎるので、扇風機にご活躍頂きました(笑)


娘は、美味しい、美味しいと食べてくれましたが(昨年フランスのパン屋で買い与えたマカロンにはまった。でも、普段イギリスでは、絶対に買いません、高いから爆;)、夫は、いまいち感動を示してくれなかった・・・・マカロンなんか殆ど食べたことないくせにーーーーーー。

次回は、イチゴ風味のクリームを挟んだ、かわいいピンクを作ってみたいなぁ。
淡い色は、焼き加減が難しそうですが・・・。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

「割ってしもうた、どうしよー」の後・・・

私の趣味のひとつが「お菓子&パン作り」なのですが、数年前の子どものお誕生日のケーキに、美味しいイチゴのデコレーションケーキを焼くために、ひたすらスポンジ台を焼いていた時期がありました。


小嶋ルミさんの「おいしい!生地」の本
と、
日本一時帰国の際に数百円で手に入れてきた「実験用温度計」

この二つは、今まで私がスポンジケーキを焼くときの必需品だったのですが、、、

あるとき、片づけ中に、温度計の先っぽをガーーーーンとぶつけてしまいました、割れてないけど、赤い線の上の部分が途切れちゃってるしーーー

微妙な誤差はあるものの、目安にはなるからと、我慢して更に使い続けていたら、またまた、 ガッツーーン! 
今度は完璧に、ぽっきり折ってしまいました(涙;)


うわーーん、卵の温まり具合がよくわからん~とかいいながらも、今年のお誕生日などには、リクエストに応えて、温度計ナシで、イチゴのデコレーションケーキを焼いていたのですが・・・
paint0039.jpg

paint0040.jpg

やっぱり、スポンジケーキだけは、全卵の温め具合によって、生地の出来具合や膨らみ具合、食感が違ってしまうので、温度計は必要だぁと実感;


でもねー、日本で数百円でスーパーの製菓コーナーで買える棒状温度計が、こっちでは買えんのです、どこにも見当たらんのです;;;

仕方ないので、得意のアマゾンを探してみたら、デジタルのがありました。
数百円じゃないですが、お手ごろ価格だし、これなら揚げ物用の油も測れそうなので、早速ぽちっとしちゃいました♪

もっと早くに買えば(探せば)良かった。

Cannelés de Bordeaux

昨年日本人のママ友さんのお宅にお茶に行ったときに振舞われた「カヌレ」のカリカリした香ばしさが忘れられず、小さなスポンジ型で度々焼くようになったカヌレ。
でも実はパン屋さんやケーキ屋さんんで並んでいる本物を食べたことがないので(恥)、どういうものかわからないまま、とりあえずカリカリだったらいいやーと。

しかし、なんか違う!?
あまりに型が小さすぎて浅すぎて中身までカリカリだったり(爆)
膨れるにつれて型から飛び出してきて(これを「カヌレの発射問題」と呼ぶ人も居るようです)、結局ひらべったく潰れてしまったり、おのえいで焼き色がつかなかったり(爆)



「カヌレの型で焼けばそれらしくなるんかなー!?」


素人考えで、パリでカヌレの型を買ってきました、シリコン型だけど。
(金属製のは銅製のしかなくて大きめのひとつだけ作れる型が9ユーロ・・・高いっす)
cannele.jpg


<<結論>>
カヌレ型を使えばたしかにそれらしいカタチになります。

しかーーーし、発射問題だけは解決できない、余計にひどいしーーーーー<中身殆ど飛び出し

試行錯誤して、ネットであちこち調べて、You Tubeでカヌレの作り方も見て、たどり着いた結論は、
「発射は防げない」
「でも発射されたら、型ごと取り出してトントンしてあげれば落ち着くし、それを繰り返しているうちに落ち着いたまんま焼きあがる」

で、焼きあがったのがコレです↓
2010-11-21-18-20-4635.jpg

飛び出したのを押したり頭をグラグラさせたりトントンしてるうちに、腰折れしてしまうのが難なんですが;
2010-11-21-18-18-5831.jpg
外側はカリっとしてるし、中身はモチっとしてるし、家庭で焼くならこんなもんじゃないですかねぇ。

と納得したところで、カヌレ修行は終わりかな?

私が買った型は小さいカヌレがいっぱいできるもの。
これが大きいカヌレ型だったら、発射されにくいという意見もあるようです。
実際、カヌレの型じゃなくて、やっぱりシリコンの薔薇型で作ってみたら、発射されませんでしたもん;
細長い型の底に熱くなって膨張して空気が溜まるのが原因だそう。
大きい型だと下に溜まらず抜けやすいのかな?

You tubeや英語のレシピで写真を載せているものを見ると、プロらしく個別に焼ける銅製の型を使っているのですが、それでも多少は発射されます。発射されたら(パートがあがってきたら)、型ごと取り出して、型を持ち上げてぐるっと回してあげていました。
シリコン型のは個別にぐるっと回せないので、飛び出た部分をトングで挟んでグラグラゆすっていましたよ。
http://www.youtube.com/watch?v=26yVwQsnOhs

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

Birthday cake for me

Happy Birthday for me.

My daughter helped decolation using whipped cream.
2010-10-24-15-59-5712.jpg

She put all strawberries on top.
2010-10-24-15-54-5503.jpg

Thank you!


クリームのデコレーションを娘に手伝ってもらいましたが、かなーり悲惨なことになったので、横から手取り足取り修正、修正、、、あんまりクリームをこねくり回してるので、クリームはモロモロになっちゃいました(苦笑)

イチゴを回りにぐるっと飾りたかったようですが、二つほど足りなかった!

喜んでましたけど。
珍しく2切れも食べてました。
夫も私もそれぞれ2切れ。

久々の生クリームケーキは美味しかったです♪
でも生クリームのナッペはしばらくやってないとかなり腕が落ちます・・・反省;

昨年の(夫の)ケーキ
2009-10-25-16-40-0613.jpg

一昨年の(夫の)ケーキ
2008110301

先週は私のお誕生日、今週は夫のお誕生日、我が家はお誕生日が続くのです;
イチゴの生クリームのケーキは夫の好物なのですが、お誕生日の週は不在&ハロウィーンイベントで、作っていられないため、自分の誕生日だけど夫の好物を作りました。

こうして画像を比べると変遷が分かっておもしろい(笑)
ケーキの角がどうしてもうまくきりっとできないところは毎年同じ(苦笑)

来年は娘さんがもっと活躍してくれる・・・かも!?

Coffee Flavor&Almond Muffin

最近はお菓子は全く作らない代わりに、自家製ヨーグルト酵母ばかり。

ハード系のパンも焼いてはいるのですが、写真撮ってお見せできるほど腕は上達していません(どちらかといえば昨年末に比べて後退してるかも!?)
でも、風味が良いので美味しいし、パンがちゃんと膨らんでくれると、楽しくなります!

土曜日のけだるい朝は、ヨーグルト酵母で、コーヒー&アーモンドのマフィンで朝ご飯。
IMG_9321.jpg

このマフィン、以前も作ったことがあるんですが、膨らみはやっぱりいまいち、こんもりとなるくらいで、もちもち系です。
うちの夫は、食べている最中にクラムがポロポロこぼれるのがマフィンの欠点だと嘆く人なので、ポロポロなりにくい、こんな自家製酵母のマフィンが、彼の口には合っているそうです。
子どもも食べるものなので、今回もCamp(コーヒー&チコリシロップ)を使用しました。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

JapaneseGreenTea Cake from sagami-san

kagata's tabelのsagamiさんが公開してくださったすごいレシピで、憧れていた「抹茶ケーキ」を焼いてみました。

2010-07-20-14-37-30395.jpg
粉砂糖、かけすぎたっ;;;たっ;;;たっ;;;

粉砂糖は時間が経つとケーキの水分と混ざって溶けて白くなくなってしまうので、少しコーンスターチを混ぜています(以前ケーキ作りが得意なお友だちに聞いた奥の手)、これで翌日まではなんとかうっすら白かったです。
「泣かない粉砂糖」という商品があるそうですが、それもコーンスターチなどが混ざっているんじゃないかなぁ?と思って調べたら、そうではなくて研究&商品開発の賜物らしいですね。
『小麦の澱粉と腐敗しにくい植物性脂肪の薄い膜に覆われた80~100ミクロンの非常に細かい粒状』になっているそうで。

いやー、製菓材料もミクロンの世界なんですねっ!!!

脱線してすいません(苦笑)


生クリーム、砂糖、卵、薄力粉(抹茶+ベーキングパウダー)

あれっ?なんか足りない!???

実はこのすごいレシピの特色は、見た目がバターケーキ(パウンドケーキ)なのに、バターを使わず、代わりにイギリスのダブルクリーム(日本で買える穂一品グクリームよりも濃厚だと思います)を泡立てるところにあるんです。

普通バターに含まれる脂肪分は80%以上、イギリスの生クリームはWikiによると48%ぐらいらしい。
(ホイッピングクリームは35%程度)
クリーム容器の表示より計算してみても200mlの中に含まれる脂肪分は100gぐらいなので、同量でパウンドケーキを作るよりは、かなりローファットなケーキになりますね♪

抹茶のケーキですが、ホワイトチョコも入ります。
2010-07-20-12-19-03338.jpg

チョコを削るの、苦手~(ピーラーでやりました)

粉と合わせる前に削ったチョコを入れます。
2010-07-20-12-19-24339.jpg
ベーキングパウダーが入るレシピなので、卵を泡立てて作るスポンジケーキや、バターと砂糖を練ることで膨らむバウンドケーキのように、合わせ方・混ぜ方を、神経質に心配する必要もなさそうです。
(もちろんホイップした生クリームをやさしくやさしく扱いましたよ♪)

『かわいいクグロフ形が欲しいなー病』にかかっているのですが、バターを塗るのもめんどいし、シリコンのリング型で我慢我慢;
2010-07-20-12-24-19340.jpg

中はこんな感じ、しっとり焼き上がります、時間が経ってもしっとりしています。
しっとりしていて食感もSoftでsilkyな感じ、とっても美味しい!!!

2010-07-20-14-38-32402.jpg

パウンドケーキはちょっと重く感じるし、もっさりした口当たりですが(私の作り方が下手なのか?)、この生クリームを使ったケーキは、口当たりがとても優しくて、見た目詰まっているようなのに軽くてシルキーです、お勧め!

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

Blackcurrant&Cherry Sorbet,Tart,

最近Twitterで知ったこちらの美味しそうなブログ記事(→リトアニア在住だそうです)で、誘惑されて、早速Garson's farmに走りました。

After I've read this post,I went down to the PYO Farm in Esher in Surry.
We picked a backet of cherries and some black currants.

再びチェリーと(写真はありませんが)ブラックカラントを摘んできました。
ブラックカラントは日本語では黒すぐり(カシス)、ブルーベリーよりも小さい黒っぽい実で、お味は非常に酸っぱい;
使い方が分らないのと酸っぱい味、摘んだときの青臭い香りを敬遠して今まで摘んだことがありませんでした。
娘さんはイギリスでは子どものドリンクとしてポピュラーなブラックカラント味のジュースに慣れ親しんでいるので、「Ribenaライビーナの匂いがするー」とわくわくしてましたが(笑)

2010-07-17-14-46-21252.jpg

I've never picked Blackcurrants,because I have no idea what I can make.
But my 6-years girl got used to this smell(flavor) as Blackcurrant Juce which is very popular in UK.

So,I made Blackcurrant&Cherry Sorbet From without cognac.


2010-07-20-11-52-40333.jpg

Without cognac,It's just smell Blackcurrant Juce and My daughter loved it!
I would love it with cognac!

<ブラックカラントにはペクチンが豊富に含まれているので、その絞り汁と砂糖を煮詰めると、ジャムを作るときみたいにジェリー化するそうなんです、なので冷凍しても固すぎずに仕上がるので、アイスクリームメーカーを使わないで作るソルベ向きなのだとか。>
と、私の拙い英語力は理解していたのですが、レシピ作成者に訂正を頂きました;
少し加えるコニャックが、ソルベを固くし過ぎない秘訣なのだそうです。
砂糖をたーくさん使ったエルダーフラワーシロップが固くならないので、てっきりペクチンと砂糖だと思ったよー(恥;)
ということは、コニャックを煮切ってアルコールを飛ばした上で作れば子ども向けできっちりソルベになるのかな?
あっ、私はコニャックなしで作りましたが、少し室温においておくとスプーンで削れる固さになりましたよ。



チェリーのタルトももう一度作ってみました。

Almond Tart with American Cherries
2010-07-19-13-52-18321.jpg

美味しい!!!

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

アップルクランブル

娘の学校のMath(算数)のお勉強で、モノの重さを量ったり比べたりというのをやってるらしく、「お家でお野菜や果物を量ってきなさい」という宿題が出ました。

しかし量る単位はなんと「ビー玉」!!!

ハンガーの左右に端に袋をひかっけて、ハンガーをやじろべえのようにして、ビー玉とお野菜/果物の重さを量ります。

娘さんは、家にあったミカンやらレモンやらズッキーニやらを量ってました。

さらにもうひとつ先生からのお願いで「りんごの重さを量ってください。そのりんごを学校に持ってきてください。子どもたちのうちで誰が一番重いりんごを持ってくるか、教室で量って競います」とのこと!

重いりんご、重いでっかいりんご・・・ということで、頭を悩めてひらめいたのが、すっぱーい、でっかーーい
  Blamley Apple でした!
イギリス原産らしいこのでっかいりんご、大抵のスーパーで買うことができます。
イギリスで、アップルパイやアップルカスタード、アップルクランブルなどの、りんごのお菓子、お料理用のアップルソースやリンゴのチャツネに使うりんごは大抵コレです。
生食するには酸っぱすぎますが、この酸味が、加熱すると美味しさに変わるんですねぇ、ヘタに甘ったるすぎる甘味でべしょべしょの日本のりんごを加熱するよりは、断然美味しいと思います。
(しかし、在英10年、日本の品種改良された甘すぎるフルーツが受け入れられなくなってしまったろくろくの言うことは、2割ぐらい割り引いて想像してくださいね 笑)

220px-Brimley_Apples.jpg

スーパーの店頭で、BlamleyAppleを両手に、大きさ・重さを吟味し、一番重そうなBlamleyAppleを娘に持たせました。
果たして結果は・・・・娘が持っていったリンゴがやっぱり一番重かったそうで、鼻高々になって帰ってきました(笑)

ほんとはその重さ比べをした日に、スナックとして持って行ったりんごを食べてもいいと言われていたんですが、いやいや、生では酸っぱすぎて食べられないし・・・(汗;)ということで、食べる用には別のリンゴを持たせました。

持ち帰ってきたリンゴは、Apple Crunble になりました
2010-07-09-15-39-25107.jpg
レシピはBBCFoodのものです。
イギリスではバニラアイスよりもカスタードをかけるのがお約束。
カスタードもイギリスらしくラクチンにお湯で溶かすだけのBirds Custardを使ってみましたが・・・ふふふ、これは甘すぎた(爆;)
↑写真の白いのは自家製のカスタード+生クリーム(ある日のおやつのシュークリームに入れた残り)、黄色い流動体がBirdsCustarです。

クランブルはビスケット生地みたいなの
焼きリンゴにもろもろのビスケット生地が覆っているような素朴な洗練されていないお菓子ですが、けっこういけるんですね、娘もパクパク食べていました。

でも今度からはカスタードはやっぱり自家製か、市販の生カスタードか、やっぱりバニラアイスにしようかなぁ(それほどBirdsのは甘いらしい・・・;)

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

アクセス解析
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

イギリス生活 季節の行事 イギリス学校 工作 デザート Languedoc-Roussillon イギリス食材 おでかけ パン クリスマス Provence 手作り イギリス公園 イースター 夕飯 ミルクグラス 庭仕事 イギリス行事 

<広告スペース>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。